善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

#伝統芸能

「家」より「夫婦愛」 心中宵庚申

半蔵門の国立劇場小劇場で5月文楽公演第1部の「心中宵庚申」。 本来なら9月4日が初日だったが、緊急事態宣言により公演が中止となり、12日が初日だった。 久々の文楽。幕が開くなり生の舞台の醍醐味がジワジワーッと伝わってきて、明日への活力をもらった感…

仁左衛門・玉三郎の「桜姫東文章」

歌舞伎座「四月大歌舞伎」第3部を観る。 午後6時開演というので、その前に銀座の「泰明庵」で白魚天盛りそば。 今月の歌舞伎座もコロナ対策のため、幕間ありの三部制、客席数50%を維持しての上演。第3部は鶴屋南北作「桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしょ…

仁左衛門の「熊谷陣屋」 菊五郎の「直侍」

歌舞伎座の三月大歌舞伎、第2部は時代ものと世話もの豪華2本立て。 1本目は「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき) 熊谷陣屋」。 熊谷直実(くまがい・なおざね)に仁左衛門、源義経に錦之助、直実の妻、相模は仁左衛門の息子の孝太郎ほか。 続いて「雪暮夜入…

冥途の飛脚 勘十郎・忠兵衛、勘彌・梅川にホロリ

国立劇場小劇場での2月文楽公演は、勘十郎見たさに第3部の「冥途の飛脚」へ。 前回行ったとき、客席は歌舞伎座と同じに席を前後左右に空けて市松模様みたいにしてコロナ対策を行っていたが、きのうは1列に2つ席を続けて1つ席を空けてというふうに変わってい…

仁左×玉コンビの「於染久松色読販」

歌舞伎座「二月大歌舞伎」第2部を観る。 演目は四世鶴屋南北作「於染久松色読販(おそめひさまつうきなのよみうり)土手のお六 鬼門の喜兵衛」と、舞踊と清元の「神田祭」。 「於染久松色読販」では土手のお六を坂東玉三郎、鬼門の喜兵衛を片岡仁左衛門、ほ…

狂言「餅酒」「泣尼」「牛盗人」の含蓄

千駄ヶ谷の国立能楽堂で開催された「1月狂言の会」に行く。 演目と主な出演者は、「餅酒(もちさけ)」松田髙義(和泉流)、「泣尼(なきあま)」茂山七五三(大蔵流)、「牛盗人(うしぬすびと)」野村万作(和泉流)。 狂言なんて何十年ぶりのこと。能・狂…

初芝居は初春大歌舞伎

初芝居は松の内にと7日に歌舞伎座へ。2日から始まった「壽 初春大歌舞伎」の第2部を観る。 コロナ対策のため1演目のみで四部制だったのが、1月からは三部制(各部総入れ替え、幕間あり、2演目)となったが、席は相変わらず前後左右1席ずつ開けて座る。歌舞…

「夕霧名残の正月」覚え書

今年の歌舞伎座正月公演の第2部で、亡くなった坂田藤十郎を偲んで息子の中村鴈治郎、扇雀らが「夕霧名残の正月」を上演するというので正月休みを利用して調べてみたら、この作品の誕生には興味深いエピソードがいろいろあることがわかった。 中でも、江戸時…

歌舞伎座「日本振袖始」+銀座「和もと」

歌舞伎座十二月大歌舞伎、第四部の「日本振袖始(にほんふりそではじめ)大蛇退治」を観る。 地下鉄を降りて歌舞伎座の地下から1階を結ぶエスカレーターに乗っていたら、「農口尚彦研究所」の広告がズラリと並んでいた。 農口さんといえば「酒づくりの神様」…

国立劇場「彦山権現誓助剣―毛谷村-」+荻窪 おざ

東京・半蔵門の国立劇場11月歌舞伎公演・第2部の「彦山権現誓助剣(ひこさんごんげんちかいのすけだち)―毛谷村-」を観る。ほかに、清元の舞踊で「上 文売り(ふみうり)」「下 三社祭(さんじゃまつり)」。 「彦山権現誓助剣」はもともと人形浄瑠璃(文楽…

十月大歌舞伎 梶原平三誉石切

歌舞伎座十月大歌舞伎第3部の「梶原平三誉石切 鶴ヶ岡八幡社頭の場」を観る。 相変わらずコロナ予防のため入場時は手指の消毒、検温。席の前後左右は空席。前から3列目だったので、1例目は無人で2列目の前も誰も座ってないから3列目でも最前列と同じ。全体が…

9月文楽公演 荒唐無稽「嫗山姥」+ソバ「さわらび」

半蔵門の国立劇場小劇場でチョー久しぶりに文楽鑑賞。 国立劇場に行くのも久々。本来なら3月に尾上菊之助が歌舞伎「義経千本桜」の佐藤忠信・源九郎狐と平知盛、初役のいがみの権太の“三役完演”に挑むというのでチケットも買ってあったが、コロナ禍で公演中…

歌舞伎座九月大歌舞伎 引窓

歌舞伎座九月大歌舞伎第3部「双蝶々曲輪日記 引窓」を観る。 8月の花形歌舞伎をコロナ禍での中断以来半年ぶりで観たが、あれは舞踊中心で小手調べという感じ。 今月のは本格的な歌舞伎演目、というわけで、感慨深かった。 コロナの影響が続いていて、入場時…

半年ぶりの歌舞伎座 棒しばり

3月から休場していた歌舞伎座が8月1日、ようやく再開した。 再開前に観たのは2月の十三代目片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言で、当代の仁左衛門が菅丞相を演じる「菅原伝授手習鑑」から「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」だった。 それから半年ぶりの歌舞伎座…

仁左衛門の近況

新型コロナウィルスの影響で歌舞伎公演はすべて中止となっているが、公演再開に向けて役者たちは日々鍛練してますよというのを伝える目的なのか、日本俳優協会と伝統歌舞伎保存会がYouTubeチャンネル「歌舞伎ましょう」を開設し、役者たちの近況を動画で伝え…

二月大歌舞伎 仁左衛門の菅丞相

歌舞伎座二月大歌舞伎昼の部を観る。 十三世片岡仁左衛門二十七回忌追善狂言で、昼の部では平安時代に大宰府流罪となった菅丞相の悲劇を描いた「菅原伝授手習鑑」から「加茂堤」「筆法伝授」「道明寺」。 菅丞相は当代の仁左衛門。1995年に初役で演じて以来…

新生PARCO劇場の「志の輔らくご」

東京・渋谷のPARCO劇場が新生オープンし、幕開けの"こけら落とし"公演となった「志の輔らくご」を聴きに行く。 ロビーには祝いの酒樽と胡蝶蘭がところ狭しと並んでいた。 演目は、「こけら落としの一席」として「ぞろぞろ」、新作落語の「メルシーひな祭り」…

初春大歌舞伎&新春国立名人会

初芝居、初笑いはやっぱり松の内にと、6日は歌舞伎座・初春大歌舞伎の夜の部、7日は国立演芸場の新春国立名人会へ。 まずは歌舞伎座。 ロビーには正月飾りや鏡餅が飾られ、着物姿の女性も目立つ。 演目は、白鸚、歌六らによる「義経腰越状 五斗三番叟」、猿…

志の輔「歓喜の歌」驚天動地の「落ち」

池袋の東京建物ブリリアホール(豊島区立芸術文化劇場)のこけら落としシリーズと銘打った「志の輔らくご~歓喜の歌」を聴く。 豊島公会堂の跡地に今年11月オープンしたばかりの多目的ホール。3層1300席、舞台から客席まで最大視距離を28m以内にしようと舞…

小三治の「粗忽長屋」と秋田「山本」

柳家小三治がトリで出演するというので国立演芸場の「国立名人会」を聴きにいく。 演目は次の通り。 まずは前座の柳家小はだの「道灌」。柳家はん治の弟子で、はん治は小三治の弟子。 柳家三之助の「 金明竹」。相変わらずうまい。大阪商人の早口言葉の早い…

国立劇場「日向嶋」の吉右衛門と葵太夫

国立劇場11月歌舞伎公演「通し狂言 孤高勇士嬢景清(ここうのゆうしむすめかげきよ)-日向嶋- 四幕五場」を観る。 悪七兵衛景清に中村吉右衛門、ほかの出演。 何といっても4幕目の「日向嶋浜辺の場」が圧巻の舞台。 平家の武将景清が源氏への復讐心を捨て去…

志の輔らくご 牡丹灯籠

下北沢の本多劇場で「志の輔らくご 牡丹灯籠」を聴く。 「牡丹灯籠」といえば、明治の落語家・三遊亭円朝作の怪談噺として知られ、夏になると多くの落語家が高座にかけるが、志の輔版「牡丹灯籠」は毎年今ごろの時期に本多劇場で口演するいわば“下北沢の夏の…

歌舞伎座六月大歌舞伎 昼の部

歌舞伎座六月大歌舞伎の昼の部を観る。 演目は「寿式三番叟」「女車引」「梶原平三誉石切」「恋飛脚大和往来 封印切」。 何といっても吉右衛門の「梶原平三誉石切」」と仁左衛門の「封印切」。時代物と世話物の至芸を堪能。いい芝居を見ると、寿命がちょっと…

志の輔らくご 中村仲蔵

TBS赤坂ACTシアターの「志の輔らくご」を聴きに行く。 毎年恒例で今年で11回目とかで、5月11日から14日までの4日間のうち最終日の14日午後2時半からのに行く。もともと友人が行く予定のところ、昼間行けないのを勘違いして買っちゃったチケットを譲ってもら…

小三治の歌

半蔵門の国立演芸場で久々に小三治を聴く。 29日の国立名人会。 演目は写真の通り。 国立演芸場に小三治が出るときは必ずといっていいほど前に紙切りの林家正楽が出る。 いつも小三治はまくらでも笑わせるが、今回も30分ぐらいとりとめのない話をやっていた…

五代目吉田玉助襲名披露公演

国立劇場小劇場で5月文楽公演の第一部を観る。 人形遣いの吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露公演。演目は「本朝廿四孝」と「義経千本桜」。 吉田幸助はまだ若手かと思っていたが、すでに50を超えてベテランの域に入ってきている。名前は人を大きくさせると…

小三治独演会

日本橋三井ホールで「柳家小三治独演会」を聴く。 日本橋再生計画で7、8年前に建てられたビルの5階にあるのが日本橋三井ホール。 会場は満員。みなさん小三治ファンなのだろう、中年のオジサマ・オバサマたちが多い。 独演会といってもまずは“前座”からとい…

新春国立名人会+銀座 魚真

初笑いは正月のうちにと、松の内の7日、国立演芸場へ。 2日から開催中の「新春国立名人会」の千秋楽。 演目は次の通り。 太神楽曲芸協会の獅子舞に始まって、 落語 柳家花緑 謎のビットコイン 奇術 ダーク広和 落語 古今亭志ん輔 豊竹屋 漫才 すず風にゃん子…

ももし祭りの見世物小屋

土曜日は毎年恒例となった地元の桃井第4小学校校庭での盆踊り大会「ももし祭り」。 その一角で、地域のミニネットラジオ放送局「ラジオぱちぱち」による「見世物小屋」。 夕方5時半ごろから7時半まで、10回公演で1回につき40人ほどの子ども(大人も。今年は…

衛星劇場の歌舞伎・無料ウィーク!

松竹系の衛星放送チャンネル「衛星劇場」。 加入しないと視聴できないが、2月6日から10日までの5日間は「歌舞伎・無料ウィーク」というので、6日、7日に放送された「青砥稿花紅彩画~白浪五人男」の通し狂言を録画して見る。 2004年(平成16)の歌舞伎座の舞…