善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

2024-01-01から1年間の記事一覧

仲むつまじいカワセミの若夫婦

木曜日朝の善福寺公園は曇り。風はなく、すごしやすい。 公園の片隅で見慣れぬ花が咲いていて、ミツバアケビとの表示がある。 こういう表示があると、素人でもわかって助かる。 アケビの実はよく知っているが、花を見たのは初めて。 雌雄同株で同じ茎に雌花…

きのうのワイン+映画「クレッシェンド 音楽の架け橋」

フランス・ボルドーの赤ワイン「レ・ヴァンダンジュ(LES VENDANGES)2019」 ボルドー右岸のワイン商ジャン・ピエール・ムエックス社が自らが所有するシャトーの畑で育てたメルロを主体にカベルネ・フランをブレンド。 メルロのチャーミングさを余すところな…

アゲハチョウが飛び始めた

水曜日朝の善福寺公園は始め曇り、のち快晴。日が照らしてくると一挙に暑くなり、初夏どころか夏の陽気。 陽気のせいか、フジがたちまち見ごろになってきていた。 けさはチョウもあちこちで見られるようになってきた。 忙しく飛んでいたナミアゲハが葉っぱに…

ヤマブキの秘密

火曜日朝の善福寺公園は曇り。曇っていても気温は高め。 オオジシバリの黄色い花が咲いている。 それにしてもオオジシバリ(大地縛り)とは大仰な名前。 長細い茎が地面を這いながら根を張り地面を覆うことからジシバリ(地縛り)と呼ばれる仲間の中で大型な…

ツマキチョウが羽化したよ!

月曜日朝の善福寺公園は快晴。朝から初夏の陽気。 早くも公園北の端の藤棚のフジが紫に色づいていた。 カメムシも這い出してきた。 かなり大きめのカメムシで、キマダラカメムシだ。 成虫で越冬するので、冬の間はどこかに隠れていて、暖かくなって姿を見せ…

ラジオぱちぱち23周年記念放送

日曜日朝の善福寺公園は快晴。きのうに続き春うらら。 きのうは地域の友人たちとやっているミニラジオ放送「ラジオぱち」の開局23周年の記念放送。 毎月第2土曜日の午前中、開局以来ずっと近くの善福寺北児童館から放送してきたが、コロナ以後はオンライン放…

赤いサクランボ

土曜日朝の善福寺公園は快晴。春の陽気。 上池のほとりのカワヅザクラの木にサクランボがなっていた。 遠くにマルちゃんらしいオスのカワセミがとまっていたが、下池方面に飛び去った。 メスのヤエちゃんを探しているのかな? 下池にまわると、とっくに北に…

アメンボのオスは卑劣?

金曜日朝の善福寺公園は曇り。朝の冷え込みはない。 上池では、けさもカワセミの姿は見えない。 ツツジの上になぜかカルガモが鎮座している。 高いところが好きなのか。 下池に向かう途中には、今年の初グモ。 生まれたばかりで元気がいいのか、逃げ脚が早く…

きのうのワイン+映画「コンペティション」「太陽が知っている」

イタリア・プーリアの赤ワイン「ネプリカ・プリミティーヴォ(NEPRICA PRIMITIVO)2022」 1385年からというイタリア最古のワイン生産者アンティノリがイタリア南部のプーリアで立ち上げたワイナリー、トルマレスカの赤ワイン ネプリカとはネグロアマーロ、プ…

初々しい萌黄色 御衣黄桜咲く

木曜日朝の善福寺公園は快晴。風はなく、春の陽気。 上池を1周するも、カワセミの姿は見られず。 カイツブリもこのところ姿を見せてなくて、カモの姿もあまりない。 巣から出てきたらしいエナガがサクラの木にとまった。 卵を温めていたのだろう、尾っぽの…

四月大歌舞伎 「於染久松色読販」と「嫁菜売り」

東京・銀座の歌舞伎座「四月大歌舞伎」夜の部を観る。 平日午後、というか午後3半ごろの銀座。道行く人は外国人ばっかり。歩いている人の半分以上は外国人という感じで、一瞬、ここはどこの国? この日は午前中、台風のような風雨の強い時間帯があり、それで…

エナガの尾が曲がってるワケ

水曜日朝の善福寺公園は快晴。日差しは暖かいが風が冷たい。 きのうの雨と風の余韻が残っていて、公園のサクラ(ソメイヨシノ)はだいぶ散ってきた。 一面に広がる花のジュウタン。 エナガが朝の食事中。 いつもはピンと張った自慢の尾っぽが少し曲がってる…

裁き、裁かれるべきものは? 井上ひさし「夢の泪」

東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで、こまつ座第149回公演による井上ひさし作「夢の泪(なみだ)」を観る。 今年は井上ひさし生誕90年、亡くなってから14年がたち、この4月9日は彼が亡くなった命日だ。 演出・栗山民也、出演・ラサール石井、…

虫の交尾も始まったよ

月曜日朝の善福寺公園は曇り。朝から気温が高い。 この間まではハチジョウツグミがせっせとエサ探しをしていたあたりに、シロハラ。 なぜか微動だにしないでジッとしていた。 上池のカワセミは、ヤエちゃんらしいメスが1羽。 オスのマルちゃんが求愛のための…

巣を守るけなげなエナガ

日曜日朝の善福寺公園は曇り。始め小雨降るもやがてやみ、その後、薄日がさしてきて後は気温がグングン高くなっていく。 きのうは昼間、地元のミニラジオ、ラジオぱちぱちの面々と花見の宴会。 ズラリと並んだ酒の数々。 このほかビールや、料理もその後続々…

自分が住む土地の記憶と未来 中島京子「うらはぐさ風土記」

中島京子「うらはぐさ風土記」(集英社)を読む。 肩の力を抜いたエッセーふうの読みやすい小説。最後のほうはドラマチックになって、ストンと胸に落ちるものがあった。 アメリカ・カリフォルニア州の私立大学で日本語を教えていた52歳の沙希(さき)は、8歳…

きのうのワイン+映画「張り込み」「山河あり」「ふたりの女、ひとつの宿命」

フランス・ボルドーの赤ワイン「ル・プティ・クルセル・レ・コパン(LE PETIT COURSELLE LES COP(A)INS) フランス・ボルドーの家族経営のワインメーカー、マリー・エ・シルヴィー・クルセルが手がけるプティ・クルセル・シリーズの1本。 メルロ、カベルネ・…

満開の花に囲まれ至福のメジロ

金曜日朝の善福寺公園は小雨。花冷えの朝。 満開となったソメイヨシノの木にコゲラとメジロがやってきていた。 コゲラのお目当ては幹に潜む虫。 蜜を吸うメジロはというと、花に囲まれ至福のひととき。 上池を半周して下池に向かう途中には、けさもシロハラ…

爛漫のサクラとメジロ

木曜日朝の善福寺公園は曇り。きのうの雨はやんだが、公園にはあちこちで水たまり。 上池では、ちょうどヤエちゃんらしいメスのカワセミがエサをゲットしたところに遭遇。 なかなかの大物だ。 何度か痛めつけてからゴクンと飲み込んだ。 ヤエちゃんを見てい…

花散らしの鳥

水曜日朝の善福寺公園は曇り。昼から雨の予報だが、今のところはまだ空は我慢してくれている。 公園のサクラはこのところ暖かい日が続いて一気に開花している。 開花が始まったサクラにエナガがやってきた。 上池を半周して下池に向かう途中にはシロハラ。 …

「オッペンハイマー」と「下山事件」の類似点

金曜日に封切られたばかりのアメリカ映画「オッペンハイマー」を観て衝撃を受け、その翌日の土曜日夜に放送されたNHK総合のNHKスペシャル「シリーズ未解決事件 File.10 下山事件」第1部・第2部を観て、またもや衝撃を受けた。 一方は映画館で、一方はテレビ…

春だ、シジュウカラの巣だ!

火曜日朝の善福寺公園は晴れ。風もなく、暖か。 4月に入って春真っ盛りとなり、公園の鳥たちは巣づくり、子づくりに忙しいようだ。 シジュウカラの巣を発見! 親鳥らしいのが何度も樹木のウロにつくった巣に入ったり出たりを繰り返していた。 エナガなどは幹…

カワセミの繁殖開始!

きょうから4月。月曜日朝の善福寺公園は曇り。雨がやむのを待って散歩スタート。 上池のオス・メス2羽のカワセミ。 葉っぱの陰にメスのヤエちゃんらしいのがとまっていると、そこへオスのマルちゃんらしいのが飛んできた。 と思ったら瞬くうちに交尾を始めた…

氷河期の生き残り ミツガシワ咲く

日曜日朝の善福寺公園は快晴。朝から初夏を思わせるようなポカポカ陽気。 待ちかねたのか、まだ公園のサクラ(ソメイヨシノ)はチョボチョボとしか咲いてないのに花見の準備をする人が多い。 公園に着くと、いつもは地面をほじくり返して虫を探しいるシロハ…

アメリカという国の“狂気”を描く オッペンハイマー

東京・新宿TOHO CINEMASで封切ったばかりのアメリカ映画「オッペンハイマー」を観る。 2023年の作品。 原題「OPPENHEIMER」 監督・脚本クリストファー・ノーラン、出演キリアン・マーフィ、エミリー・ブラント、ロバート・ダウニー・Jr、マット・デイモン、…

春を告げるニリンソウ咲く

土曜日朝の善福寺公園は快晴。日差しも暖かく、サクラ(ソメイヨシノ)の開花が一気に進むだろう。 上池では、オスのマルちゃんらしいのと、メスのヤエちゃんらしいのが並んでとまっている。 先にきていた人の話では、マルちゃんがヤエちゃんに求愛給餌をし…

きのうのワイン+映画「マダム・イン・ニューヨーク」「永遠の人」

イタリア・トスカーナの赤ワイン「サンタ・クリスティーナ・ロッソ(SANTA CRISTINA ROSSO)2022」 はるか14世紀からの歴史を持つアンティノリがトスカーナで手がけるワイン。 フィレンツェを州都に持つトスカーナは、およそ2000年にも及ぶブドウ栽培の歴史…

遅野井川がアオジ天国のワケ

木曜日朝の善福寺公園は曇り。途中、ポツリとくるときもあったが、すぐにやんで傘の出番はなし。 多少気温も高くなりサクラ(ソメイヨシノ)の開花が進んでいて、見ごろは4月の第1週の週末ぐらいだろうか。 上池をめぐろうとしたら、ヤエちゃんらしいメスの…

きのうのワイン+映画「THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション」「世界」「欲望のバージニア」

アルゼンチンの赤ワイン「カイケン・ウルトラ・マルベック(KAIKEN ULTRA MALBEC)2020」 チリのモンテス社がアルゼンチンで手がけるワイン。 今やアルゼンチンワインといえばマルベックなのだそうだ。 なぜなら、もともとフランスの南西地方に起源を持つブ…

カワセミの巣づくりが始動?

水曜日朝の善福寺公園は快晴。何日かぶりかの春らしい陽気。 おかげで足踏みしていたサクラ(ソメイヨシノ)の開花も一気に進んでいくだろう。 上池をめぐっていると、目の前をジョウビタキのメスが飛んできて、公園から住宅街に消えていった。 あとで聞いた…