善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

きのうのワイン+映画「王の願い ハングルの始まり」

スペインの赤ワイン「サングレ・デ・トロ・オリジナル(SANGRE DE TORO ORIGINAL)2020」

スペイン北東部、フランスとの国境に近いカタルーニャ地方でワインづくりを続けるトーレスのワイン。

トレードマークの牡牛のマスコットは、古代ローマ神話の酒神バッカスに由来するという。

スペイン原産のガルナッチャとカリニェナをブレンド。バランスの取れた飲み口。

 

ワインの友で観たのは、民放のBSで放送していた韓国映画「王の願い ハングルの始まり」。

2019年の作品。

監督チョ・チョルヒョン、出演ソン・ガンホ、パク・ヘイル、チョン・ミソンほか。

 

「パラサイト 半地下の家族」のソン・ガンホが独自の文字づくりのため命を懸けた世宗大王を演じる歴史劇。「殺人の追憶」でソン・ガンホと共演し容疑者として追われる男を演じたパク・ヘイルが、何カ国もの言語に精通する仏教の僧侶シンミ役を演じた。

朝鮮の国字であるハングル(「大いなる文字」という意味だそうだ)は、仏教で使われるサンスクリット文字(いわゆる梵字)をもとにつくられたとする歴史ミステリー。

ハングル創製についてはナゾの部分もあり、どのようにしてつくられたかは諸説あるらしい。映画でも冒頭、史実をもとにしたフィクションとことわっているので、歴史のIFというか、本当はこうだったんじゃないかという仮説を描いた映画といえる。

 

朝鮮王朝(李氏朝鮮)の第4代国王・世宗(1397‐1450年)の時代。朝鮮には自国語を書き表す文字が存在せず、上流階級層だけが中国の漢字を使っていた。そんなことではやがて国は滅びると悟った世宗は、誰でも容易に学べ、書くことができる朝鮮独自の文字をつくることを決意。仏教寺院の僧侶シンミに文字づくりの協力を求める。

しかし、これには家臣たちは大反対。当時の朝鮮王朝は、仏教を国教としていた高麗を倒して成立した王朝であり、仏教に代わって儒教を国教にしていた。仏教の僧侶は最下層の賤民に落とされていて、そんな者たちと新しい文字をつるなんてもってのほかと反発したのだった。

世宗は糖尿病を患っていて、合併症による失明の危機にあり、命もそう長くはなさそう。家臣たちの抵抗にあいながらも、僧侶たちと手を取り合い、新たな文字づくりに突き進んでいく・・・。

 

国を成り立たせるには「言葉」こそ大事、というのはまさにそのとおりだと思う。

そこで誕生したハングルは、もともとインドの言語で仏教で使われるサンスクリットにもとづいているというのは意外な話だ。ということはハングルはもともと外来語ということなのだろうか。

しかし、日本の文字だって中国の漢字、つまり外来語をもとにつくられているのだから、外国の文字を参考に自国用に改変するというのはあり得ることだろう。

 

映画では、膨大な数がある漢字のような表意文字ではなく、1つの文字が1つの発音で表されるような表音文字を求めて行き着いたのが仏典だった。

仏典はもともと表音文字であるサンスクリットで記されていた。そこでサンスクリットを手本にして開発されたチベット文字パスパ文字モンゴル帝国の宮廷で使われた文字)を参考にしながら、独自の文字の開発を進めていき、国民の誰でもが覚えやすく使いやすい24文字からなるハングルを創製していく。

 

映画には日本からの使節団も登場している。使節団は、朝鮮でつくられた八萬大蔵経の版木を譲ってくれと国王に求める。朝鮮は儒教の国になったのだから、仏教の教典なんていらないだろうという図々しい要求だった。

大蔵経とは仏教経典を総集したもので、1236年から15年の歳月をかけて彫り上げられ、版木が8万枚以上あるというので「八萬」の名がある。

仏力により国を守ろうと、版木に一文字彫っては仏を拝み、すべての文字を手彫りしていくという気の遠くなるような手間と時間のかかる信仰の産物が八萬大蔵経だった。

日本の使節団の虫のいい要求は拒絶されるのだが、このとき、版木を保管していたのが僧侶シンミであり、国王はシンミを知り、彼の協力を得てハングル創製に取りかかるのだった。

そのきっかけをつくったという意味で日本もハングルづくりに一役買っていた?

 

日本が「版木を譲ってくれ」といってきたエピソードはフィクションではなく、実際にあったことらしい。

朝鮮王朝の太祖の時代の1398年、足利幕府は八萬大蔵経の版木を求めて使者を遣わしたが断られ、それでも諦めきれずに世宗の時代の1423年にも2人の僧を派遣して譲ってほしいと頼んだという。丁重に断られると、2人の僧は承服せずに絶食して版木を求め、世宗は三度も家臣を遣わして絶食を止めさせたというエピソードが残っているのだとか。

おねだりすればらえるというものではないと思うのだが・・・。

日本に持ち去られなかったおかげで八萬大蔵経は韓国南部の慶尚南道にある海印寺に現存していて、版木を保管している海印寺大蔵経経板殿は世界文化遺産に登録されている。

そして、版木をもらえなかった代わりなのか、この版木から印刷された大蔵経が日本にもたらされ、東京の増上寺と京都にある大谷大学が所蔵しているという。

鳥の楽園の中を歩く朝

金曜日朝の善福寺公園は曇り。ときおり日も差すが、北風が冷たい。

けさは早朝(午前4時)からサッカーWカップの日本対スペイン戦。

日本が歴史的勝利。

ドイツ戦を再現するように後半開始早々の攻撃的サッカーで逆転劇。

その結果、何と日本がスペインの上を行く予選リーグ1位通過。

強豪ドイツ、ベルギーともに敗退し、世界のサッカーは戦国時代に突入か?

 

けさのカワセミは、下池で小四郎らしきオスのカワセミ

真剣な目つきでエサをねらっていた。

 

池をめぐっていると、けさも小型の鳥の群れ。次から次へと鳥たちが飛んできて、鳥の楽園の中にいるよう。

エナガがオハヨーといっている。

 

コゲラはしきりに幹をつっついている。

 

次はどこに行こうかなーと思案顔?

 

枝をつっついているのは虫でも探しているのか。

 

エナガシジュウカラのツーショット。

 

上池では、池の端っこのほうに三郎らしきカワセミ

 

離れたところには、モミジの木の下に文二らしきカワセミ

それぞれ自分の縄張り内にいて、善福寺池はきょうも平和。

 

プリプリおなかのジョロウグモのメス。

この奇抜なデザイン、何に見える?

ボールのような鳥の巣

木曜日朝の善福寺公園は曇り。きょうから師走、冬本番。風が冷たい。

 

けさも上池と下池に4羽のカワセミ

上池では、遠いところに文二らしきオスのカワセミ

 

下池にまわると、いつもメスのサクラがいるあたりに姿はなかった。

橋の下にいたのは小四郎だろうか。

 

池をめぐっていると、六兵衛らしいオス。

 

再び上池に戻ると、止まっている場所からして三郎のようだ。

 

三郎のテリトリーから離れたところには、最初に見た文二らしきカワセミ

 

きのうの強風もあってか、公園の落葉樹からだいぶ葉っぱが落ちている。

葉っぱが落ちた枝に丸いボールのようなもの。

鳥の巣のようだ。

斜め上に入口がある。

むろんもうここに鳥はいなくて、春にヒナを育てた跡だろうが、葉っぱが繁っているときはまるでわからなかったに違いない。

よくもこれだけきれいにまん丸の巣をつくったものと感心してしまう。

巣の中の安全と、巣の丈夫さ、つくる手間隙など諸々を勘案してできた造形。

鳥は優秀な建築家だ。

きのうのワイン+映画「フリーダム・ライターズ」ほか

チリの赤ワイン「マプ・レゼルヴァ・メルロ(MAPU RESERVA MERLOT)2021」

ボルドーワインの最高峰、メドック格付け第一級シャトー・ムートン・ロスチャイルドがチリで手がけるワイン。

スパイシーかつまろやかな味わいのメルロ100%。

 

ワインの友で観たのは、民放のBSで放送していたアメリカ映画「フリーダム・ライターズ」。

2007年の作品。

原題も「FREEDOM WRITERS」

監督・脚本リチャード・ラグラベネーズ、出演ヒラリー・スワンクパトリック・デンプシー、スコット・グレン、イメルダ・スタウントン、エイプリル・リー・ヘルナンデス、マリオほか。

 

オスカー女優のヒラリー・スワンクは、脚本を読んだ途端にこの役に惚れ込み、主役を演じるとともに製作総指揮を買って出たという。

実在する英語教師エリン・グルーウェルとその生徒たちによる同名ベストセラーをもとに、ロス暴動(1992年4~5月にかけてロサンゼルスで起こった黒人やヒスパニック系住民による暴動・略奪事件)直後の荒廃した高校に通う若者たちと、“書くこと”を通して彼らに希望を抱かせようとする教師の姿を描く学園ドラマ。

 

ロス暴動後の1994年、ロサンゼルス郊外にあるウィルソン公立高校。低所得者層の多いこの地域では、貧困による憎悪と犯罪の中、15歳にして出口のない日々を送る子どもたちは、卒業まで"生きて"いられればそれで十分と思っていた。荒れ果てた教室では授業もままならず、ほとんどの教師たちは彼らを見捨てていた。

荒れ放題のクラスを受け持つことになった新人英語教師・エリン・グルーウェルエリン(ヒラリー・スワンク)は、人種ごとにいがみ合い、授業を受ける気などさらさらない生徒たちを相手に、授業の進め方に苦心する。

ある日の授業中、ラテンアメリカ系の生徒が黒人の生徒をバカにした絵を描いてみんなに回す。エリンはその絵を見て、第2次世界大戦のホロコーストがこうした差別から生まれたことを説明するが、生徒たちは理解ができない。

エリンは「アンネの日記」を教材にしようとするが、予算の無駄と拒否されてしまう。そこで彼女は、毎日何でもいいから日記を書くようにと自費で買ったノートを1冊ずつ配る。点数はつけず、読んでほしい場合は特別な戸棚に入れるように指示すると、たくさんのノートが戸棚に入っていた。エリンは日記を通して生徒たちと心を通わせ、生徒たちも悲観的だった将来を見直していく。

やがて、生徒たちが書いた日記は1冊の本として出版され、ベストセラーとなる・・・。

 

製作にあたったスタッフがいいコメントを残している。

監督のリチャード・ラグラヴェネーズは次のように述べる。

「子どもたちは銃の替わりにペンを持つことを覚えた。書くことで彼らは救われた」

プロデューサーの1人、ステイシー・シェアはこう語っている。

「この話を映画化したいと思ったのは、たった1人の人間でも大きな変化を起こせるということを伝えたかったから。エリン・グルーウェルも最初はほかの誰とも変わらない普通の新米教師だった。でも、やむにやまれぬ情熱で前進し、子どもたちと対峙することで、素晴らしい成果をあげることができた」

 

ついでにその前に観た映画。

民放のBSで放送していた日本映画「他人の顔」。

1966年の作品。

監督・勅使河原宏、原作/脚色・安部公房、音楽・武満徹、美術・磯崎新山崎正夫、出演・仲代達矢京マチ子平幹二朗岸田今日子岡田英次市原悦子、入江美樹ほか。

 

1964年の「砂の女」に続き安部公房が原作・脚色し、勅使河原宏が監督。

 

新設工場を点検中、手違いから顔に大火傷を負い、頭と顔を包帯ですっかり覆われた会社重役の男(仲代達矢)。彼は顔を失うと同時に妻(京マチ子)や共同経営者の専務や秘書らの対人関係をも失ったと考えた。彼は妻にまで拒絶され、人間関係に失望し異常なほど疑い深くなった。そこで彼は顔を全く変え他人の顔になって自分の妻を誘惑しようと考えた。病院を尋ねると精神科医平幹二朗)は仮面に実験的興味を感じ、彼に以後の全行動の報告を誓わせて仮面作成を引受ける・・・。

 

安部公房の小説「他人の顔」(1964年)は、「顔」によって「私」が誰かを示し続けることを要求される現代社会において、顔の喪失は何をもたらすのかを問う作品だった。

「ぼく」という名前で登場する主人公は、人間がいかに顔に囚われているかを明らかにする。そして、仮面を身につけ街に出た「ぼく」は、世界全体が「監獄」であり、人々はみな、その囚人なのだと考えるようになる。

自分と同じように「顔」のために疎外されている朝鮮人や黒人、ヒロシマ被爆した少女に共感を寄せる一方で、違う自分も感じる。「顔」というものに関わって生きている人間という存在の不安定さ、あいまいさ・・・。

 

原作同様、映画も一筋縄ではいかない内容で、考えさせられた。

題字は宏の父親の勅使河原蒼風。親心で引き受けたのか。

当時35歳、丹下健三から独立して自分のアトリエを持ったばかりの建築家、磯崎新によると思われる病院内のデザインがなかなか斬新。

ケロイドの少女を演じた入江美樹は本作の2年後に指揮者の小沢征爾と結婚する。

前田美波里が酒場の歌手で出てくるが、このときまだ18歳(映画と同じ年の夏、資生堂の化粧品の宣伝ポスターに起用されるが、新しい時代を予感させるポスターだった)。

京マチ子のベッドシーンが強烈!などなど、いろいろ語りぐさになる映画だった。

5羽のカワセミ エナガの群れ

火曜日朝の善福寺公園は曇り。風はなく、気温高い。

 

けさは、公園を1周する1時間ほどの間に5羽のカワセミエナガの群れに遭遇。

まずは上池のカワセミ

ちょっと遠くてはっきりしないが、文二らしいオスのカワセミ

 

離れたところの葉っぱの陰にいたのは、三郎のようだ。

 

下池にまわると、六兵衛だろうか。

こちらに背を向けてエサをねらっている。

 

池をめぐっていると、このところのお気に入りの場所なのか。

メスのサクラらしいカワセミ

のどに何かひっかかってるのか、あくびでもしてるのか。

ドテッとすわってお休みタイム?

 

池の水が善福寺川に落ちるあたりには、エビをくわえたオスのカワセミが、ジッと動かないでいる。

おととい小魚をプレゼントポーズでくわえたまま動かないでいた小四郎だろうか。

ゲットしたエサをメスにあげたくて、あらわれるのを待ってるのか?

それともまだ若造だから、エビの食べ方を知らないのか?

 

いつもひとりぽっちでさびしそうだったオオバン

けさは2羽で仲良くエサをつついていた。

仲間か?恋人か? ひとりじゃないと何かうれしそう。

 

池をめぐっていると、上の方でエナガの声が聞こえてきた。

エナガの群れが木々をめぐっている。

その数、数十羽はいるんじゃないか。

盛んに枝をつっつきながらこっちの木、あっちの木と移動しいる。

まるでエナガの群れに囲まれている感じで、朝から至福のひととき。

中にはコゲラの姿も。

シジュウカラもいる。

小型の鳥たちはいつも一緒。

一緒にいると安心なのだろう。

 

さらに池をめぐっていると、さきほど六兵衛らしいのがいたあたりにカワセミ

やっぱり六兵衛か?

仲よし3羽のカイツブリ

月曜日朝の善福寺公園は曇り。風はないが、きのうよりちょっと寒い。

きのうのサッカー・Wカップ、日本対コスタリカ戦は、0-1でまさかの敗戦。けさ早朝のスペイン対ドイツは1-1の引き分け。

4チームすべてに決勝トーナメント進出の可能性が出てきて、見てるほうとしては予選リーグの最終戦までおもしろくなってきた。

 

公園に着くなり、入口付近にメジロの鳴き声。

群れでやってきているようだが、葉っぱに隠れてよく見えない。

一瞬だけ姿をみせてくれた。

カメラでとらえた今シーズンの初メジロ

 

上池を半周して下池へ。

最近よく見かける場所でサクラらしいメスのカワセミ

虎視眈々とエサをねらっている。

腰を浮かせてダイブの姿勢。

すばやくダイブして小さな魚をゲットし、すぐ飲み込んで消えていった。

 

池の端の欄干の下にはオスのカワセミ

いつもはサクラがここにいるんだが、まだ幼い感じで、小四郎だろうか。

 

上池にもどると、池のほとりの葉っぱの陰に三郎らしいカワセミ

自分の縄張り内なので安心しているのか。

近くに文二の姿はなかった。

 

公園から帰ろうとしたらカイツブリのけたたましい鳴き声がする。

見ると、このところ1羽だけを見ていたが、けさは3羽が仲良くしている。

さっきの声は鳴き交わしていたのか。

よく見ると、3羽でそれぞれ羽の色が違う。

真ん中のは頭の後ろから首にかけてがかなり赤いが、右のは淡い色合い。

オスメスの違いではなく、カイツブリは雌雄同色。夏羽は暗褐色で濃く、首から顔の上部は赤褐色だが、冬羽は夏羽に比べて淡い色になるという。

とすると冬羽と夏羽の違いなのか。それにしてはもう冬に近いのにまだ夏羽なのだろうか。

一方、カイツブリの羽の色は繁殖羽と非繁殖羽でも違うという。赤が濃いのが繁殖羽で、淡い色が非繁殖羽。

ということは、冬になってもまだ非繁殖なので、夏羽のままということか。

一方、真ん中のは早くも繁殖する気マンマンなのか?

銀座で聴く八木大輔のショパン

土曜日の午後は、東京・銀座のシャネル銀座ビル4階にあるネクサス・ホールで八木大輔のピアノリサイタル。

シャネルは、才能あふれた若手音楽家を毎年数名ずつ選び、1年を通じてそれぞれに演奏機会を提供する「シャネル・ピグマリオン・デイズ」という音楽プログラムを開催している。

2020/21年はコロナ禍で講演中止が続いたため、一昨年選出の5人のアーティストは22年も継続して活動し、22年の参加アーチストとして新たに3人が加わり、総勢8人がリサイタルを行っている。

きのうは2020/21年に選出されたアーティストの一人、八木大輔のリサイタル。

2003年生まれというから、今年19歳の新鋭。経歴も異色で、音楽系の学校ではなく、今春、慶応高校を卒業し、現在は慶応大学の1年生。

個人レッスンを受けてメキメキ腕を上げているのだろう、世界各地のコンクールに挑戦し、13歳で入賞したのをはじめとして、次々と1位(しかも、どこでも史上最年少)を獲得している。

 

本日の曲目はオール・ショパン

プレリュード 嬰ハ短調 作品45

舟歌 へ長調 作品60

スケルツォ第1番 ロ短調 作品20

ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品35「葬送」

 

「シャネル・ピグマリオン・デイズ」のリサイタルでは、演奏の合間にアーティストがマイクを持って聴衆に話す機会があり(これも魅力のひとつ)、そこで本人が語るところによると「ショパンはこれまではあまり好きじゃなかった」という。

その理由は2つあって、ひとつはショパンの曲は練習が必要だからという。ショパン独特の奏法があって、それを習得しないといけないのでなかなか手が出なかったみたいだ。

もうひとつの理由は、ショパンの曲はどこか病的なところを感じるからという。

ところが、100年前のラフマニノフの演奏を聴き、また、今年8月下旬、イタリア出身のピアニスト、アレクサンダー・ガジェヴのレッスンを受けて考えを改めたという。

八木はガジェヴの前でショパン舟歌を弾き、さらにガジェヴによるレッスンの中で、舟歌についての音色やさまざまな演奏技法について対話しながら、どんな面白い世界ができるのかを実験したという。

おかげでこの1カ月ほどはショパンに浸りきっているのだとか。

 

八木の弾くショパンの曲は、若さゆえか、とてもみずみずしくて力強く、病的なところなどまるで感じない思いのこもった演奏だった。

 

アンコール曲はエチュード「木枯らし」(作品25第11番)

 

コンサートのあと外に出ると、銀座は歩行者天国

ピアノの余韻に浸りながら銀ブラして帰る。