善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

「家」より「夫婦愛」 心中宵庚申

半蔵門国立劇場小劇場で5月文楽公演第1部の「心中宵庚申」。

本来なら9月4日が初日だったが、緊急事態宣言により公演が中止となり、12日が初日だった。

久々の文楽。幕が開くなり生の舞台の醍醐味がジワジワーッと伝わってきて、明日への活力をもらった感じがした。

 

出演は義太夫が千歳太夫、呂勢太夫、藤太夫、希太夫ほか。三味線は富助、清治、團七ほか。人形遣いは勘十郎、玉男、文司ほか。

 

半兵衛の玉男、意地悪婆さんの文司、いずれもよかったが、やはりすばらしかったのが、お千代の勘十郎。人形に魂が宿ってるとはこのことか。

4月に引退を発表した師匠簑助の芸を見事に受け継いでいる。

 

義太夫の千歳太夫は、何をいってるのか半分わからない。するとどうしても眠くなる。

呂勢太夫は比較的わかる。

一番、日本語がしっかりしてたのが藤太夫。やはり芝居というのは、何をいってるのかわからなければ興味が半減してしまう。

そういえば藤太夫(桐竹藤太夫)の前名を竹本文字久太夫といって、師匠は亡くなった竹本住太夫だった。

生前、住太夫が語った言葉を思い出す。

「私は、字幕を見てもわからんような語りをするなと怒るんです。死語になっている言葉はあっても、お客が想像つくような文章を語って、誰が出てきて、どういう場面かわからせないきまへん。上手、下手はそれからです」

太夫は師匠の教えをしっかりと守って、言葉を大事にしているのだろう。

 

「心中宵庚申」は近松門左衛門の最晩年の作品。

題名にもある通り、クリスマス・イブと同じで庚申の日の前夜、心中する男女の物語。

だが、心中物というと、お初徳兵衛とかお花半七、お半長右衛門など、遊女と手代、あるいは遊女と職人、若い娘と女房持ちの中年男といったように結ばれぬ同士の悲恋の果てというのが通り相場だが、「心中宵庚申」は夫婦の心中がテーマだ。

 

何で夫婦が心中しなければいけなかったのか。

大坂・新靫(しんうつぼ)油掛町の八百屋半兵衛は、以前は武士だったが事情があって町人の養子となった男。父の墓参のため故郷の浜松へ向かった帰り、妻の実家に立ち寄ったところ、そこに女房お千代がいるので驚く。

話を聞くと、自分の留守中に姑に離縁されて戻されたのだという。よほど反りが合わないのか、姑はお千代を嫌っていて、「姑去り」といって姑の権限で嫁に離縁を申し渡したのだった。

むろん半兵衛はお千代と分かれる気持ちなどサラサラない。そこでお千代の父に誓って、お千代を大坂へ連れ戻す。

しかし、姑はお千代を家へ入れようとしない。義理の関係とはいえ親である姑と愛する妻、さらには妻の父親との約束の板ばさみとなった半兵衛。

ついに4月5日の宵庚申の夜、お千代を連れて今の天王寺区生玉にある大仏勧進所に向かい、そこでお千代のおなかの中にいる子の供養をしたのち、心中を遂げたのだった。

 

悲劇ではあるが、夫婦愛を貫こうとするお千代半兵衛が描かれている。

あの時代、何より優先されたのは「家」であり「親への孝行」だっただろう。

姑が本人を差し置いて嫁に離縁を申し渡す「姑去り」が当然とされたのも、お家大事で家父長制の封建制度ゆえのことだ。しかも半兵衛には、養子にさせてもらったという養父母への義理もある。

しかし、半兵衛は、家中心、親への孝行・義理は当然とするしきたりに抗議する形で、愛を全うしようとしたのだった。

 

この話は実際にあった心中事件を元に描かれていて、1722年(享保7年、前年との説もある)の宵庚申の夜、生玉の大仏勧進所近くで油掛町(大阪市西区靭本町)の八百屋半兵衛と妻のお千代が心中した事件を題材にしたもの。

元の門左衛門の台本(床本)ではお千代はお千世と書いて「おちよ」と読ませているが、二人の名前も半兵衛の職業も住所も心中した場所もまったく一緒。まさに実録ものの人形浄瑠璃だった。

大坂・竹本座で初演されたのが心中事件があった年の4月22日。ということは事件から2週間ほどで劇化し、上演したことになる。同じ心中事件を豊竹座でも「心中二ツ腹帯」(紀海音・作)と題して上演していて、こちらは近松作により前に上演したという。

江戸時代は「仮名手本忠臣蔵」を始めとして実際にあった事件をドラマ化する例は多いが、「心中宵庚申」はニュース速報も兼ねていた感じか。何しろテレビもラジオも新聞もない時代(瓦版はあっただろうが)。心中物とあってはなおさらのこと、ウワサ好きの人々がわんさか押しかけてきたに違いない。

 

ちなみに、お千代半兵衛の墓(比翼塚)は大阪市天王寺区生玉寺町の銀山寺にあり、墓石には「一蓮托生 声応貞現信女 通月融心信士 離身童子」と刻まれているという。

また、同寺には2006年に亡くなった文楽人形遣い、先代の吉田玉男の墓もある。玉男はお千代・半兵衛の比翼塚が同寺にあるのを知って生前、この場所に墓地を購入していたという。

 

コロナ対応のため第3部を早く終わらせるためか第1部の開演が10時45分。まるで江戸時代の歌舞伎・文楽みたいに朝からスタートし、終演が午後1時すぎ。

劇場近くのヤキトリ屋「お㐂樂」で焼鳥丼。f:id:macchi105:20210515114633j:plain

もちろんお酒はなし。

ナナフシとヤゴ

土曜日朝の善福寺公園は曇りのち晴れ。けっこう湿度が高い。

 

けさは上池の遠くの方にカワセミf:id:macchi105:20210515084004j:plain

 

このところ星が2つあるテントウムシをよく見るが、けさは星がたくさんあるテントウムシ。数えたら星の数が19個もあった。f:id:macchi105:20210515084712j:plain

近くにいたのは7つ星のテントウか。f:id:macchi105:20210515084734j:plain

そばにさらに小さな虫みたいなのがいた。

 

葉っぱからぶら下がっているのはナナフシ(ナテフシモドキ)だ。f:id:macchi105:20210515084757j:plain

擬態の名人で、7つ(つまりたくさん)の節があるような枝そっくりに擬態するというのでこの名がついた。

先日、高尾山で初めて見たが、善福寺公園でも初の見参。

ナナフシは単為生殖を行うので、メスだけで繁殖ができる。

オスは非常に稀で、日本では今までに数匹しか見つかっていないというが、これもやっぱりメスかな?

 

そばにいたのも、やはり枝そっくりに擬態したエダシャクの幼虫だろう。f:id:macchi105:20210515084828j:plain

キベラヘリカメムシが交尾していた。f:id:macchi105:20210515084856j:plain

 

葉っぱの裏にはクサグモ。

f:id:macchi105:20210515084918j:plain

 

池のほとりでヤゴを発見!f:id:macchi105:20210515084939j:plain

脱け殻のようで、早くもトンボが羽化したのか。やっぱり夏だ。

2つの目がくっきりしていて、まるでカエルみたい。

テイカカズラ(定家葛)の由来

金曜日朝の善福寺公園は快晴。雨上がりですがすがしい。

 

ムラサキシキブが咲き始めた。f:id:macchi105:20210514081148j:plain

実も紫色だが、花も紫だ。

 

きのうの雨の余韻か、水滴がまとわりつくように残っている。f:id:macchi105:20210514081214j:plain

水はこうやって草木を潤していくのか。

 

まとわりつくといえば、高いところで咲くので気がつくのが遅かったが、いつの間にやらテイカカズラ(定家葛)が咲き出していて、太い木の幹にまとわりつくように茎を伸ばし、たくさんの花を咲かせている。f:id:macchi105:20210514081314j:plain

f:id:macchi105:20210514081330j:plain

f:id:macchi105:20210514081341j:plain

定家葛(テイカカズラ)は、謡曲「定家」に始まる名前、と日本国語大辞典にある。

謡曲「定家」の成立は1470年ごろだから、室町時代応仁の乱のころ以降から使われだした名前ということになる。

 

それ以前は「真拆葛(あるいは柾葛、マサキノカズラ)」と呼ばれ、早くも古事記に登場している。

古事記によれば、天照大神(あまてらすおおみかみ)が天岩戸に籠もり世界が暗闇になったとき、天宇受売命(あめのうずめのみこと)は天香具山の日陰蔓(ひかげのかずら)を襷(たすき)にかけ、天の真拆葛を髪に纏い、天香具山の笹の葉を束ねて手に持ち、天岩戸の前に桶を伏せてこれを踏み鳴らし、神がかりして、胸乳をかき出し裳の紐を陰部まで押し下げ歌舞をし、神々の笑いを誘ったことにより、天照大神の心を動かし、岩戸開きにいたった、という。

 

古事記の原文は漢文で書かれ、「為鬘天之真拆而」つまり「天の真拆を鬘(かづら)として」となっている。

古来、日本独自というより中国・朝鮮を経て伝わったと思うが、ツル草を頭に巻く風習があり、またツル草だけでなく花や葉、珠などを飾ることもあって、これを「鬘(かづら)」と称していたという。

天宇受売命は天岩戸の前での神がかりを行うためにツル草の真拆葛を頭にまとったが、これが今日いうところの「かもじ」「かつら」の原型といわれている。

「かつら」の語源も、ツル草の「葛(かずら)」が転じて「かつら」となったという。

 

このように、もともと「真拆葛(柾葛)」と呼ばれていたものが「定家葛」なったのには、平安末期から鎌倉初期の公家で歌人藤原定家後白河天皇の第3皇女、式子内親王にまつわる伝説が由来となっている。

定家は1162年(応保2年)の生まれで、式子内親王は1149年(久安5年)の生まれとされるから、13歳も内親王のほうが年上だが、彼女は10歳のときに吉凶を占う卜定(ぼくじょう)により賀茂斎院に任ぜられ、11年間を神に仕えてすごし、その後に出家し仏門に入った。前斎院として生涯独身でいなければならない身分だったという。

定家は子どものころから内親王と親しく、歌を通して2人はひかれ合い、密かな恋愛関係にあったといわれている。立場上、恋を叶えることも、自分の思いを人に伝えることもできなかった内親王と、定家。やがて内親王は1201年(建仁元年)、50歳をすぎたばかりのころに亡くなる。このとき定家はまだ40前。その悲しみはいかばかりだっただろうか。

 

式子内親王が残した有名な歌がある。

 

玉の緒よ絶えなば絶えねながらへば忍ぶることのよわりもぞする

 

私の命よ、絶えるのならば絶えてしまいなさい。このまま長く生きていれば、耐え忍ぶ力が弱って(心に秘めた恋が見つかって)しまいそうだから。

 

まるで定家との秘めた恋を歌っているようだ。

 

式子内親王が亡くなり、やがて定家もこの世を去り、式子内親王の墓にどこから伸びてきたのか、真拆葛がまとわりつくようになった。人はそれを見て「ああ、定家の想いが葛となったのでは」とウワサし、いつしか定家葛と呼ばれるようになったようだ。

こうしたエピソードをもとにしてつくられたのが謡曲「定家」だ。

式子内親王を愛した定家が、死後も彼女を忘れられず、ついには葛となって彼女の墓にからみつく、という話だが、たしかに定家葛はキョウチクトウ科のツル性植物で、茎から気根を出し、ほかのものに巻きついてよじ登っていく強靱さがある。

そこで謡曲「定家」では、葛となった定家の執念が内親王の墓にまとわりついて、「互いの苦しみ離れやらず」と表現されていて、何だか怖そうな話。

実際、怖い話で、内親王の霊があらわれて、葛による束縛の苦しみから救ってほしいと旅の僧に懇願すると、僧は草木の成仏を唱える。すると経の力により葛の戒めは緩み、内親王の霊はひとときの解放を得て感謝する。ところが、内親王の霊が再び墓の中に戻っていくと、葛は再び伸びてきて、墓は葛に埋もれてしまうのだった。

 

だが、定家葛そのものは、毎年初夏の今ごろになると白くて可憐で美しい花を咲かせる。

シジュウカラの親子

木曜日朝の善福寺公園は小雨。濡れるほどではなさそうなので、傘をさしながら公園1周。

 

けさも上池にメスらしいカワセミが1羽。やがてどこかへ飛んでいった。

 

下池をめぐっていると、シジュウカラがたくさん梢をめぐっている。

中に枝にとまって動かないのがいる。どうやら巣立ったばかりのヒナのようで、まだ自分でエサをとることができないのだろう、3羽が横に延びた枝の上に並んで、親がエサを運んでくるを待っている。

やっとお母さん(あるいはお父さん?)がエサを持ってきてくれて、口移しで与えている。f:id:macchi105:20210513085605j:plain

エサをもらったあとも「もっとおくれ~!」とピーピー鳴いている。f:id:macchi105:20210513085742j:plain

大忙しの親鳥、今度は左の子に。f:id:macchi105:20210513085806j:plain

f:id:macchi105:20210513085821j:plain

お次は真ん中の子にも。f:id:macchi105:20210513085845j:plain

f:id:macchi105:20210513085931j:plain

f:id:macchi105:20210513085943j:plain

あまったれの子どもたち。

 

やはり、雨が好きなのはカタツムリ。

やけに大きいのが首を伸ばしている。f:id:macchi105:20210513090006j:plain

何をしてるのかと前に回ると、無心に葉っぱを食べているところだった。f:id:macchi105:20210513090025j:plain

 

ウワサでは、きのうの昼間、カルガモのヒナが下池から川をくだっていったそうだ。

見たかったなー。

きのうのワイン+映画「野のユリ」他

アルゼンチンの赤ワイン「カイケン・エステート・マルベック(KAIKEN ESTATE MALBEC)2018」

(写真はこのあとき豚ロースの木の芽ソース添え)f:id:macchi105:20210513083945j:plain

カイケンはチリのモンテス社が隣国アルゼンチンに所有するワイナリー。

アンデス山脈の渡り鳥、ガンを現地名でカイケンと呼ぶそうだ。

マルベック100%。まろやかで飲みやすいワイン。

 

アメリカ映画「野のユリ」

1963年のモノクロ作品。

原題「LILIES OF THE FIELD

監督ラルフ・ネルソン、出演シドニー・ポワチエ、リリア・スカラほか。

 

ポワチエが黒人として初めてオスカーに輝いた作品。

東ドイツから亡命した5人の尼僧たちがアリゾナの荒れ地で暮しながら布教活動をしている。そこへやってきたのが、車で気ままな放浪生活をしている元GIの青年ホーマー・スミス(シドニー・ポワチエ)。立ち寄った目的は桶1杯の水をもらうためだったが、リーダーのマザー・マリア(リリア・スカラ)から屋根の修理を頼まれる。1日の雇われ仕事のつもりで引き受けると、賃金を払ってくれないばかりか、教会を建てろといわれてしまう。

修道女たちはアメリカにきたばかりでほとんど英語も話せない。マザー・マリアはホーマー・スミスという名前までもホーメル・シュミットとドイツ語に翻訳して、「シュミット! シュミット!」と呼びながら、あれこれ仕事をいいつけ、有無をいわさぬ勢いに押されたホーマーは、結局のところ無償で教会建設に取り組んでいく・・・。

 

映画のタイトル「野のユリ」の由来は、新約聖書マタイ伝6章28節の次のくだりによる。

「野のユリがどうして育っているかを考えてみるがよい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、栄華をきわめたときのソロモンでさえ、この花の1つほどにも着飾ってはいなかった。きょうは生えていて、あすは炉に投げ入れられる野のユリでさえ、神はこのように装って下さるのなら、あなたがたにそれ以上よくしてくださらないはずがあろうか」

だから、何を食べようか、何を飲もうか、あるいは何を着ようかと思いわずらうことはない。ましてや神の思し召しで教会を建てるのに、それ以上の何を求めようというのか、とマザー・マリアはいってるのだった。

 

おもしろかったのがホーマーがゴスペルソングの「エイメン(Amen)」を歌うシーン。

ゴスペルは、アフリカ系アメリカ人の悲痛な歴史の中から生まれた。17世紀に多くのアフリカ人が故郷から遠く離れたアメリカに奴隷として強制的に連行され、働かされた。過酷な暮らしの中での悲しみや喜びを歌ったのがゴスペル(福音)だった。

 

修道女たちもキリスト教徒だが、彼女らはカトリックであり、ホーマーはプロテスタント

「アヴェ・マリス・ステラ」というカトリック聖歌を歌いながら「アーメン」と静かに祈る彼女らを前に、ホーマーは「エ~イメン!」と身ぶり手ぶりで高らかに歌い、いつしか修道女たちもそれに唱和して、大合唱となっていく。

ちなみにこの「エイメン」は本作のために俳優で作曲家、聖歌指揮者でもあったジェスター・ヘアストンがアレンジし、映画の公開のあと広く普及していった。

 

ついでにその前に観た映画。

民放のBSで放送していたアメリカ映画「スリー・デイズ」。

2010年の作品。

原題「THE NEXT THREE DAYS」

監督ポール・ハギス、出演ラッセル・クロウエリザベス・バンクスリーアム・ニーソンほか。

 

フランス映画「すべて彼女のために」(2008年)のリメイク。

大学で「ドン・キホーテ」を教えるジョン(ラッセル・クロウ)は、妻子と幸せな日々をすごしていたが、ある日、妻のララ(エリザベス・バンクス)が殺人の容疑で逮捕される。それから3年、ジョンは妻の無実を証明するため懸命に奔走していたが、覆ることなく刑が確定してしまう。絶望した妻が獄中で自殺を図ったことを知り、彼は自らの手で妻を取り戻そうと決断する。

周到に計画を立てて脱獄の準備をするが、突然、ララが別の刑務所に移送されることが判明し、移送までの期間は3日間しかない。

追い詰められたジョンは麻薬密売人を襲撃して資金をつくり、妻子を愛するがゆえの脱獄と逃避行に挑んでいく・・・。

 

そんなバカな、うまくいくはずはないのに、と思いながら見ていくと、なるほどあり得るかも・・・と納得してしまうから映画って不思議。

エナガ団子やっと見たよ!

水曜日朝の善福寺公園は曇り。風がちょい冷たい。

 

けさも上池にはメスのカワセミが1羽でいた。f:id:macchi105:20210512091319j:plain

カワセミを観察していたら近くの木にメジロがやってきて、木の実をくわえてすばやく飛び去っていった。f:id:macchi105:20210512091341j:plain

メジロを見るのは久しぶり。

 

池には、今を盛りに咲くエゴノキの花びらがたくさん浮いていた。f:id:macchi105:20210512091422j:plain

 

おやおや? オニグルミの葉っぱに白いフワフワ・モコモコの綿のようなものがついている。f:id:macchi105:20210512091453j:plain

花びらの“破片”でも落ちているのかとよく見たら、ムシャムシャ葉っぱを食べている。

クルミの葉を食草とするクルミマルハバチの幼虫のようだ。f:id:macchi105:20210512091513j:plain

純白の蝋物質を分泌してし身にまとい、天敵を欺こうという作戦か。

 

下池にはホシゴイ。f:id:macchi105:20210512091537j:plain

 

まるでお菓子みたいなかわいい花が咲いている。f:id:macchi105:20210512091613j:plain

カルミア、別名アメリシャクナゲのようだ。花はお菓子で、つぼみはコンペイトウのよう。f:id:macchi105:20210512091629j:plain

アメリカやキューバ原産の植物で、カルミアというのはツツジカルミア属の花木全般をあらわす総称というが、アメリシャクナゲといってもシャクナゲの仲間ではない。

 

池から善福寺川に水が流れ落ちるあたりにコサギがやってきていた。f:id:macchi105:20210512091700j:plain

黄色いソックスがよく目立つ。f:id:macchi105:20210512091715j:plain

 

公園を歩いていると上の方で小さな鳥の気配。

エナガが群れて飛んでいて、枝に何羽もの幼鳥が並んで止まる“エナガ団子”ができていた。f:id:macchi105:20210512091739j:plain

あっち向いたりこっち向いたりしているが、中にはこっちを向いているのもいる。f:id:macchi105:20210512091800j:plain

何もこんなにギュウギュウ詰めにならなくてもいいと思うが、数えたら5羽ぐらいいた。

好き勝手な方向を向いていて、中には頭を低くしたままこっちを向いているのもいる。f:id:macchi105:20210512091823j:plain

ただひとこと、カワイイ!

やがて団子はなくなって、1羽だけ残った。

まだ飛ぶのは自信がないのか、それとも居眠りしてるのかな?f:id:macchi105:20210512091923j:plain

エナガは巣立ったあと、しばしば体を寄せ合って団子をつくる習性がある。

まだ飛ぶのも上手じゃないし、エサをとるのも不得手で、1羽でいるのは心許ないのか。

集団になることで互いに励まし合い、また天敵から身を守りやすいということもあるかもしれない。

けさもエナガと遊ぶ朝

火曜日朝の善福寺公園は曇り。けさもさわやか。

 

けさはカワセミの声は聞こえたが姿は見当たらなかった。

かわりにエナガの群れと遭遇。

やはり10数羽はいそうで、巣立って間もない子どものエナガが、ときにじゃれ合ったりしながら梢をめぐっていた。f:id:macchi105:20210511091151j:plain

f:id:macchi105:20210511091207j:plain

木の実を食べているのかな?f:id:macchi105:20210511091223j:plain

羽ばたいたところ。f:id:macchi105:20210511091248j:plain

f:id:macchi105:20210511091304j:plain

2羽で仲よし。f:id:macchi105:20210511091322j:plain

虫をゲット。f:id:macchi105:20210511091344j:plain

しばらく手こずっていたみたいだが、結局、食べちゃった。f:id:macchi105:20210511091408j:plain

下池ではアオサギもエサをゲット。f:id:macchi105:20210511091429j:plain

ゴックンしたところ。f:id:macchi105:20210511091448j:plain

とぐろを巻くように丸まっている小さな幼虫。f:id:macchi105:20210511091511j:plain

ハグロハバチの幼虫のようだ。

真ん中から出ているのは頭の方か。すばやく敵を察知するためか。

そばに、さらに小さい虫がいた。

 

シマサシガメがクモに捕らえられたところ。f:id:macchi105:20210511091744j:plain

テントウムシの幼虫が空っぽの成虫の殻に首をつっこんでいる。f:id:macchi105:20210511091817j:plain

肉食のテントウムシはおなかがすくと共食いするというから、幼虫だろうとなんのその、成虫を食べちゃったのだろうか? まさかとは思うが。

 

サンショウの実がなっていた。f:id:macchi105:20210511091538j:plain

ユリノキの花が咲き始めた。f:id:macchi105:20210511091559j:plain

 

葉っぱの陰で翅をやすめているのはヒメジャノメか。f:id:macchi105:20210511091622j:plain

薄茶色の地味なチョウで、翅の裏面に白い帯と目玉模様を持つ。

 

下池をめぐっているとき、茂みの向こうから「ツキ、ヒ、ホシ、ホイホイホイ」という鳴き声が聞こえた。

「月、日、星・・・」と聞こえるところから、3つの光というので名前がついたサンコウチョウのようだ。

初夏の今ごろやってきて、秋になると南に帰っていく夏鳥

渡りの途中で善福寺公園に立ち寄ったのだろうか。