善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

歴史小説&ミステリー 狼たちの城

アレックス・ベール「狼たちの城」(小津薫訳、扶桑社ミステリー)を読む。

 

1942年のナチス政権下のドイツを舞台にした歴史小説にしてミステリー。

前代未聞?の設定で、読む意欲をそそられる。

何と、ユダヤ人が徹底的に嫌われ、差別を受け、それどころか民族ごと抹殺されようとしているナチス政権下のドイツで、そのユダヤ人が、ユダヤ人を弾圧しようとする秘密国家警察ゲシュタポの特別捜査官でナチス親衛隊少佐になりすまして犯罪捜査にあたり、事件を解決してレジスタンスのメンバーやユダヤ人家族を救い出そうとする物語。

ハラハラ・ドキドキしつつ、ときに痛快な気分に浸れる秋の読書となった。

 

第二次世界大戦さなかの1942年(前年に太平洋戦争が始まり、ヨーロッパではドイツ軍がスターリングラードへの突入を開始)、ニュルンベルクユダヤ古書店イザークと家族のもとにポーランド移送の通達が届く。彼はそのときはまだ知らないが、それはアウシュビッツなどの強制収容所に向かう絶望の道だった。

不安を抱いたイザークは、レジスタンスに関わっていると聞いたかつての恋人でドイツ人のクララを頼るが、彼女が彼に知らさないまま用意してくれたのは、ゲシュタポの特別犯罪捜査官アドルフ・ヴァイスマンとしてのニセの身分証だった。

イザークはヴァイスマンに間違われたまま、ゲシュタポニュルンベルク本部に乗り込み、ナチスに接収されたニュルンベルク城で起きた女優殺人事件の捜査に臨むことになる。

ゲシュタポの深奥部で彼は無事生き抜き、事件を解明できるのか・・・?

 

本の中で、ユダヤ人や、ナチズムに抵抗しようとドイツ国内でレジスタンスに立ち上がった人たちに対する弾圧の様子が詳しく描かれていて、戦慄するが、ユダヤ人の古書店主がゲシュタポに成りすますのはもちろんフィクションだが、弾圧の描写は真実にできるだけ近づけるようにした、と著者のアレックス・ベールは「著者あとがき」の中で述べている。

 

ナチスによるユダヤ人迫害はナチスが政権をとって以後、次第にエスカレートしていった。

ナチス時代、ドイツは“優生思想”に基づいたさまざまな政策を押し進め、障害のある人や病人などを殺害する極秘指令まで出されたというが、その最たるものがユダヤ人迫害だっただろう。

ちなみに、ナチスドイツの優生思想を正当化する研究の影響を受けて日本ではやった(今もはやってるかもしれないが)のが血液型性格診断で、要するにABOの血液型で人を差別しようとするインチキ診断だ。

それはともかく、ドイツではついに1942年1月、「最終的解決」としてユダヤ人の物理的な絶滅が決定されて「絶滅収容所」が建設されることになったという。

ナチス勢力下の各地から列車により輸送されたユダヤ人の多くは収容所に到着するとすぐに毒ガス室に送られ、殺されたといわれる。そこから逃れたとしても劣悪な生活環境下での強制労働が課せられ、多くの人が飢餓と病気で亡くなっていった。最終的には約600万もの人々が殺害されるに至ったという。

そうした蛮行の先頭に立ったのがナチスの秘密国家警察ゲシュタポだった。

筆者は「あとがき」でこう書いている。

「無法の領域でのゲシュタポの任務はいわゆる国家の敵を探し出し、追跡し、制圧することで、対象は政敵(たとえば共産主義者社会民主主義者)のほか、社会的少数派(たとえばエホバの証人、ロマ、同性愛者・・・そして、とりわけユダヤ人)だった」

ゲシュタポに目をつけられることは監獄行きか死を意味し、拷問によって殺される人も多かったという。

しかも、ナチスによるプロパガンダの結果なのだろう、国民の多くは共産主義者社会民主主義者らを国賊と呼び、ユダヤ人を劣悪民族と蔑み、抹殺行為を支持したという。

特高警察が思うがままにのさばって、「反共」の名のもとに人々が本を読んだり映画を見たり、さらには「考えること」までも取り締まり、“お国のため”と国民の多くが全体主義思想に染まってしまった戦前の日本とまったく同じだ。

 

筆者のアレックス・ベールはオーストリア出身で、1977年生まれというから今年44歳。

ユダヤ古書店主のイザークはついに本書の終りまでゲシュタポに成りすましたまま。本書の続編が予定されているというから、次はいったいどんな展開になるのか。

キンクロハジロがやってきた

火曜日朝の善福寺公園は曇り。と思ったら、公園に着くと細かい雨が降り始めた。

 

公園に着くと、上池の真ん中あたりにカモの群れ。

北の国からやってきたキンクロハジロだ。f:id:macchi105:20211019090525j:plain

漢字で書くと金黒羽白。目が金色、頭や背、胸、尾、羽の上の方が黒で、羽に白い帯があるのでキンクロハジロ

夏の間、シベリアなどの繁殖地ですごし、冬が近くなると日本にやってきて越冬する。

まだ着いたばかりで、ひとつにかたまってあっちへウロウロ、こっちへウロウロしながら様子をうかがっている。

まだ到着第一陣で、次々と善福寺池に飛来してくるだろう。

でも、例年だと数十羽、多い年で100羽近くやってくるのに、昨シーズンは少なかった記憶がある。

今年はどうだろうか?

 

するとキンクロから少し離れたところにオナガガモもいた。

こちらは1羽だけで、すぐそばにいるのはホシハジロだろうか?f:id:macchi105:20211019090614j:plain

いずれも北の国からやってきた渡り鳥だ。

 

上池では、2羽のカワセミが並んでとまっていた。

互いの距離は縮まらず、威嚇し合っているのか?f:id:macchi105:20211019090639j:plain

オスかメスか、遠くてわからないが。f:id:macchi105:20211019090701j:plain

f:id:macchi105:20211019090720j:plain

池をめぐっていると、さきほどの2羽のうちの1羽か。オスのようだ。f:id:macchi105:20211019090743j:plain

 

下池に回ると、池のほとりでカマキリの卵を発見。f:id:macchi105:20211019090805j:plain

卵鞘(らんしょう)といって、泡みたいな袋の中に数100個の卵が入っている。この泡みたいなのは乾くと硬くなり、外敵や雨や風、冬の寒さからも卵を守り、やがて春になると孵化した幼虫がこの中からゾロゾロと這い出してくるのだろう。

 

アオサギが水面の下のエサをねらって首を伸ばしていた。f:id:macchi105:20211019090841j:plain

 

このところ毎日のように見るメスのカワセミf:id:macchi105:20211019090903j:plain

 

カワセミを見ていると、上の方で鳥の声。

シジュウカラエナガが集団で移動中だった。

エナガのかわいいポーズ。f:id:macchi105:20211019090928j:plain

上を気にしている。f:id:macchi105:20211019090949j:plain

そういえばきのう、公園にタカの仲間のノスリがあらわれたという。

けさもまだどこかにいるのか? それで上を気にしているのだろうか。f:id:macchi105:20211019091010j:plain

シジュウカラもエサを探していた。f:id:macchi105:20211019091036j:plain

 

上池に戻ると、さきほどのカワセミか、池の真ん中のポールの上にいた。f:id:macchi105:20211019091101j:plain

 

きのうのワイン+映画「そして人生はつづく」他

ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチャーノ(VINO NOBILE DI MONTEPULCIANO)2017」f:id:macchi105:20211018131356j:plain

イタリア・トスカーナ州モンテプルチャーノの赤ワインのもっとも古い記録は、なんと789年にさかのぼるという。以来、ワインづくりが盛んに行われてきたが、老舗ワイナリーであるブラッチ家が所有していた敷地をイタリアのワインメーカー、アンティノリが購入。ブドウを全て植え替えて新しいワイナリーとしてスタート。

かつて所有していたブラッチ家の名前にちなんでつけられたワイナリー名がラ・ブラチェスカ。刀を持った腕のロゴは、ブラッチ家の権力と、イタリア語の腕(Bracci)の両方の意味が込められているのだとか。

ブドウ品種はプルニョーロ・ジェンティーレ90%、メルロ10%。

果実味とタンニンのバランスのとれた1本。

 

パンは「pomme de terre」のベーグルなど。

JR西荻窪駅東京女子大の中間ぐらいにあるベーグル屋さん。

ベーグルもおいしいけど、写真手前の皿に乗ってるクロックムッシュが絶品の味。

クロックムッシュとはフランス生まれのホットサンドのことで、ロースハムやチェダーチーズなどを挟み、ベシャメルソースなんかを塗って焼いたもの。

ワインの友で観たのは、民放のBSで放送していたイラン映画そして人生はつづく」。

1992年の作品。

監督アッバス・キアロスタミ、出演ファルハッド・ケラドマンド、プーヤ・パイヴァールほか。

 

先日録画しておいたのを観たアッバス・キアロスタミ監督による「友だちのいえはどこ?」の続編。

 

1990年6月21日、マグニチュード7・7の大地震がイランを襲った。震源地はイラン北西部で、この地震による死者は約4万人に達したという。

イランは日本と同様の地震国。ユーラシアプレートとアラビアプレート、インド・オーストラリアプレートの3つのプレートがぶつかり合う地震の巣の上にあり、陸地内にも小さな活断層がひしめいていて、地震を繰り返し発生させているという。

この地震震源地は1987年公開の「友だちのいえはどこ?」の撮影地のすぐ近くだったという。ということは、そこに住んでいる主人公の少年を始め俳優たちの安否が心配だ。

キアロスタミ監督はプロの俳優を使うのではなく、地元の住民らを出演させることが多い。おそらくプロの洗練された演技より、演技はヘタでもより自然な姿をカメラでとらえたかったのだろうが、「友だちのいえはどこ?」でも映画に登場していたのはみんな地元の人たちばかり。

そこで地震の5日後、監督(キアロスタミ監督を演じる役者。といっても当時イランの経済庁につとめていた職員という)は息子とともにオンボロ車を運転して撮影の行われたコケール村に向かう。

道中、多くの人々が壊滅した町で瓦礫を片づけている様子を目の当たりにしつつ、車を走らせていくが、ときどき車は停車し、地震当時の生々しい体験を住民に語らせるシーンもあり、ドキュメンターリタッチの映画だ。

 

本作は「友だちのいえはどこ?」の続編というより、「友だちのうちはどこ?」に始まる“ジグザグ三部作”の2作目という。

たしかに、第1作の「友だちのうちはどこ?」では友だちの家を探す少年がジグザグ道を行ったり来たりしていたが、本作ではオンボロ車に乗った主人公が急坂のジグザグ道をときどきとまったりしながら登っていく。

その急坂のジグザグ道とは、大地震に見舞われながらも再起しようとする人々の苦難の道であるとともに、映画を観る人々に対し、「あなたの人生もこのように続いていくのですよ」と語りかける道なのかもしれない。

“ジグザグ三部作”の3作目は「オリーブの林をぬけて」という題名だそうだが、やはりジグザグ道が出てくるのだろうか?

すでに録画ずみなので観るのが楽しみだ。

 

ついでにその前に観た映画。

民放のBSで放送していたアメリカ映画「ダウト 偽りの代償」。

2009年の作品。

原題「BEYOND A REASONABLE DOUBT」

監督・脚本ピーター・ハイアムズ、出演マイケル・ダグラスアンバー・タンブリンジェシー・メトカーフほか。

 

スクープをねらう若手TV局員のCJ(ジェシー・メトカーフ)は、法廷で無敵と評判で次期知事の座をねらう検事ハンター(マイケル・ダグラス)が、証拠を捏造して無実の被告人を有罪にしているのではないかと疑い、それを暴いてピュリッツアー賞をもらおうと同じ局で働く友人とともに動き出す。

最近起きた殺人事件に目をつけて、あえて自らをその容疑者に仕立てて逮捕され、法廷でマークと対決し、いざというところで自分の無実を示す証拠を持ち出すことにする。ところが、その企みに勘付いたハンターに逆にハメられる結果になってしまい、CJは有罪、死刑判決が下されるが・・・。

 

マイケル・ダグラスが出てても日本では劇場未公開の作品。

マユミの実の小さな粒々

月曜日朝の善福寺公園は快晴。まるで晩秋のような寒さ。けさの都心の最低気温は9・2℃というから、23区のはずれのこの辺はもっと寒いのでは。

 

けさは下池にメスのカワセミf:id:macchi105:20211018092329j:plain

娘っ子のサクラじゃなくて大人のカワセミのようだ。

ジッと水面をみつめてエサを探していた。f:id:macchi105:20211018092348j:plain

 

久しぶりの朝日を浴びてアオサギが日向ぼっこ。f:id:macchi105:20211018092430j:plain

 

きのう見つけたジャコウアゲハの幼虫はどうなったか。

うーむ、きのうよりさらに大きくなったみたい(そんなわけないか)。f:id:macchi105:20211018092457j:plain

こうしてみると、体をよぎる白い帯もはっきりしているが、縦に走る灰色模様もくっきりとしている。

ジャコウアゲハの観察記録によると、これくらい大きくなって灰色の線が顕著になるのは終齢の5齢幼虫の段階という。

ひょっとして蛹になるのは近いのか?

 

まだ熟す前のマユミの実にちいさな粒々がたくさんついている。f:id:macchi105:20211018092532j:plain

肉眼で見るともっと輝いて見えるのだが、写真に撮るとくすんだ感じ。

勘定したら7個あったが、何かの卵だろうか?

 

マユミなどニシキギの実が好きな虫にキバラヘリカメムシがいるが、たくさんの卵を密生させて産むし、産卵場所もだいたいが葉っぱの裏などだ。

調べてみるとニシキギ科を食草とするチョウは見当たらなかったが、ガの仲間のミノウスバはマユミが大好きだという。しかし、卵はもっと小さく、しかもいっぺんにたくさん産む。

 

チョウの場合だと1カ所にそんなにたくさんは産みつけない。

チョウはどうやって産卵するかというと、まず幼虫の生育に必要な食草を見つける。飛びながら複眼でそれらしい植物を探し、これはと思うものに近づいて触角で匂いを嗅いだりして食草かどうかを判断する。前脚には味覚がわかる「感覚毛」と呼ばれる毛が生えているので、それで最終確認して産卵するという。

しかも、産むときは1本の木に数個ずつしか産みつけない。なぜかというと、とくに体の大きなアゲハの仲間などは幼虫も大型のため食欲旺盛。1本の木にたくさんの卵を産みつけると幼虫はその木の葉っぱをたちまちのうちに食べ尽くしてしまい、そうなると別の木に移動するか、飢え死にするしかない。

そんなことにならないよう、数個ずつ、たくさんの木に卵を産んでいく。

おかーさんはチョウの世界でも大変なんだね。

 

さて、けさ見つけた卵みたいなのは・・・?

ジャコウアゲハの幼虫

日曜日朝の善福寺公園は曇り。予報では雨だったが、やんでいたので出かけていく。風が強く、やがて小雨降る。

 

けさは下池に2羽のカワセミ

娘っ子のサクラちゃんは、雨が気になるのか木陰にとまっていた。f:id:macchi105:20211017092609j:plain

ときおり水面をにらみつけていた。f:id:macchi105:20211017092635j:plain

 

池をめぐっていると、大人っぽいメスのカワセミf:id:macchi105:20211017092657j:plain

こちらは多少の雨なんか平気。

 

茎をかじっているのか、それともただつかまっているだけなのか、ガの幼虫だろうか。f:id:macchi105:20211017092723j:plain

前脚でシッカとつかんで離さないでいる。f:id:macchi105:20211017092743j:plain

 

アオサギがぽつんと立っていた。f:id:macchi105:20211017093147j:plain

 

こちらはゴイサギf:id:macchi105:20211017093221j:plain

 

ウマノスズクサにはジャコウアゲハの幼虫。f:id:macchi105:20211017092813j:plain

オスの成虫が麝香のような匂いを発するというのでこの名がついているが、毒を持っていることでも知られる。それで成虫は目立つ色合いをしていて、これを警戒色といっているが、幼虫もなかなかハデな模様をしている。

黒褐色で、白い帯がある。特徴的なのは全身にある赤い突起。

ハデさを通り越して妖しい輝きを放っているようだ。

 

実は、成虫同様、幼虫も毒を持っていて、それは食草であるウマノスズクサに由来している。

ウマノスズクサはアリストロキア酸という毒素を含んでいて、これにより昆虫による食害から自分の体を守っているのだが、ジャコウアゲハはこの毒に耐性を持っていて、このためジャコウアゲハの幼虫はウマノスズクサを独占することができる。

耐性があるだけではない。幼虫はウマノスズクサを食べて成長するとともに、毒であるアリストロキア酸を体内にため込んでいく。

だからジャコウアゲハは成虫も幼虫もいずれも毒を持っていて、天敵を寄せつけないようにしているのだが、メスはウマノスズクサに産卵する際、生んだ卵にアリストロキア酸を含むクリーム状の物質を塗りたくって守っている、という念の入りようだという。

 

幼虫はやがて蛹となって冬を越し、来年の春に羽化して成虫となるのだろう。

温かい時期の蛹は1~2週間ほどで羽化するが、冬の間、長期休眠する蛹もあるのだとか。

こうして命はつながっていく。

ちなみにジャコウアゲハの蛹は別名を「お菊虫」という。後ろ手に縛られた女性の姿を連想するところから、「播州(番町)皿屋敷」に出てくるお菊さんの化身では?とそう呼ばれているんだとか。見てみたいが。

 

公園からの帰り道、季節外れのツツジが咲いていた。f:id:macchi105:20211017093301j:plain

このところ二度咲きする花をよく目にする。

きのうのワイン+映画「友だちのうちはどこ?」

イタリアのスパークリングワイン「ブリュット・テアトロ・アッラ・スカラ・エディション[ボックス付](BRUT TEATRO ALLA SCALA EDITION [BOX])2015」f:id:macchi105:20211016111954j:plain

イタリア北部、ロンバルディア州東部のフランチャコルタでつくられるスパークリングワイン。シャルドネピノ・ネロをブレンドし、6年もの熟成期間を経て完璧なバランスの味わいに仕立て上げた、という。

ミラノの歌劇場スカラ座に捧げられる限定版だとか。

ボックスの中に入っていて、パッケージにもスカラ座が描かれている。

 

ワインの友で観たのは、民放のBSで放送していたイラン映画「友だちのうちはどこ?」。

1987年の作品。

監督・脚本アッバス・キアロスタミ。彼は小津安二郎の大ファンだそうで、なるほど本作にも小津の影響が色濃く出ている気がする。出演者は職業俳優は使わず、撮影した村の住民が出演したりして、いわば“素人俳優”だという。

 

物語は至極単純で、友だちの大切なノートを間違えて持ち帰ってしまった少年が、ノートを返すため友だちの家をあちこち探し歩く、というだけの話。

イラン北部にあるコケール村の小学校。モハマッドは宿題をノートではなく紙に書いてきたため先生からきつく叱られ、「2度は許しても3度目はダメだ。今度同じことをしたら退学だ」と告げられる。

ところが、隣の席に座る親友アハマッドが、間違ってモハマッドのノートを自宅に持ち帰ってしまった。

ノートがないとモハマッドが退学になると焦ったアハマッドは、ノートを返すため、遠い隣村に住む彼の家を探し回るが、行けど探せどなかなか見つからずに、夜になってしまい・・・。

 

物語はアハマッドが住むコケル村とモハマッドが住むポシュテ村とで展開されるが、コケルからポシュテへ行くにはジグザグにくねった道を登り、丘を超えて行かなければならない。アハマッドはなかなか友だちの家を見つけられず、何度もジグザグの道を登ったり下りたりして、2つの村を行き来するはめになる。

ただそれだけの話なのだが、少年が歩く道々で、イランの人々の暮らしぶりや隣人との付き合い、子どもたちの日常、親が子どもたちをどうしつけているのか、といったことが演出によるものではなく実際の生活の様子として垣間見られ、それが物語を豊かなものにしていて、友だちを思うひたむきな少年の姿とともに、なかなかおもしろかった。

東京物語」や「晩春」「秋刀魚の味」などで知られる小津安二郎は、自然な、あるがままの姿を映像で表現しようとした監督だったが、本作はまさにイランの子ども版「東京物語」だった。

メタリックな輝きルリチュウレンジ

土曜日朝の善福寺公園は曇り。少し暗いが、さわやかな朝。しかし、公園から帰るころはミストのような小雨降る。

 

けさのカワセミは、上池に1羽、下池には2羽を確認。

上池のカワセミは、いつものポールの上にオスの若造のようだが。f:id:macchi105:20211016093109j:plain

 

下池では、すぐ近くに娘っ子のサクラだろうか。

しばらくジッとしていた。f:id:macchi105:20211016092717j:plain

枝に移ってエサ探し中かな?f:id:macchi105:20211016092741j:plain

 

池をめぐっていると、さっきとは違うメスのカワセミ

こちらは大人のようだ。f:id:macchi105:20211016093048j:plain

 

けさも上空を小型の鳥が移動中。

コゲラが木を登りながらエサ探し。f:id:macchi105:20211016093148j:plain

そばにエナガの姿も。f:id:macchi105:20211016093212j:plain

 

アシタバの花に、メタリックに輝く小さな虫。f:id:macchi105:20211016093249j:plain

ハバチの仲間のルリチュウレンジのようだ。

体長は1㎝にも満たないが、体全体が光沢のあるルリ色をしている。

アシタバの花の蜜を吸いに訪れたようだ。f:id:macchi105:20211016093349j:plain

ルリチュウレンジは漢字で書くと瑠璃鐫花娘子。なんでこんな名前かというと、瑠璃は体の色でいいとして、鐫花娘子とはどんな意味か?

鐫とは、彫るとか穿つといった意味で、メスはツツジ科の植物の茎をほじくってそこに卵を産みつける。

だから正確には瑠璃鐫躑躅花娘子なんだが、それだとややこしいと命名者は思ったか、躑躅ツツジ)は省略して今の名前に落ち着いた。

写真では黒っぽく見えるが、メタリックブルーに輝いてなかなか美しい。

 

常駐組のカルガモに混じって、北の国からやってきたマガモのメスだろうか?f:id:macchi105:20211016093613j:plain

f:id:macchi105:20211016093633j:plain

冬鳥がやってくる季節になってきた。