善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

黒いカミキリ?にクロアゲハ

火曜日朝の善福寺公園は曇り。風がなくムシムシ。

 

真っ黒のカミキリムシっぽいのが逃げていく。

クロカミキリだろうか。

 

上池をめぐっていると、池の真ん中をカルガモのヒナが1羽で泳いでいる。

きのう見た、親からはぐれた2羽のうちの1羽だろうか?

 

真っ黒いカミキリらしきものに続いて、今度は真っ黒いアゲハ。

翅の縁に赤斑があるからクロアゲハだろうか。

羽化した直後なのか、美しい。

 

変わった網を張ったクモを発見。

ジグザグに張った糸。

ナガコガネグモの幼体だろうか。

ほかのコガネグモ類の場合、脚を伸ばす方向に沿ってX字状につけることが多いというが、本種は幼体ではジグザグ模様の馬蹄形、亜成体では縦長の菱形となり、成体では縦に伸びたジグザグのリボン状の網を張ることが多いという。

こうした網を隠れ帯といって、見つからないようにカモフラージュしているのだとか。

クモもいろんなことを考えてる。

 

けさは上池でも下池でもカワセミの姿を見なかった。

そんな日もある。

母のいないカルガモのヒナ

月曜日朝の善福寺公園ははじめ曇り。ムシムシする中を歩くうちに雨が降り出す。

 

上池の遠くのほうにカワセミが1羽。

メスのようだが、キョロキョロしている。

オスを探しているのか。

池の真ん中を2羽のカルガモのヒナが泳いでいるが、あれっ?お母さんがいない。

2羽は不安げに移動していくが、保護者の方は~?!

どこいっちゃったんだろう。大丈夫だろうか?

 

ほほえむ葉っぱ。

ミズヒキの葉っぱがかわいかったので、お口をつけてあげました。

 

ヘビの脱け殻み~っけ。

そういえば近くにねぐらがあった。

 

下池を1周して上池に戻ると、さきほどのメスのカワセミか?

近くにオスらしいのもいて、すぐにいなくなったが、離れたところにはほかから飛んできた若造のカワセミらしき姿。

とすると現在、上池では3羽が飛び交っているのか?

 

カルガモの親と子。

道路をウロウロしていたのを保護されて池に放されたときヒナは4羽いたが、毎日のように1羽ずつ減っていって、とうとう1羽だけになった。

それでもお母さんは自分は食べないでジッと見守っていて、あたりを警戒している。

 

お母さんがいなくなった2羽が気になるが、雨は本降りになってきた。

湯田温泉と秋吉台&グルメの旅

仕事で山口へ。

せっかくだからと湯田温泉で1泊し、翌日は日本最大規模のカルスト地形である秋吉台秋芳洞を観光して帰京。

 

湯田温泉山口県を代表する温泉。山口市にあり、山口宇部空港からだと高速バスで約40分、新幹線の新山口からだとJR山口線で約15分のところにある。

その昔、白狐が毎夜温泉に浸かっているところをお寺の和尚さんに見つかり、田んぼの中から温泉が湧き出ていたというので「湯田」の名がついたとされる。

 

夕食は、瀬戸内海で獲れる魚がおいしいというので宿の近くにある「食菜居酒屋 かくれ家」という店へ。

生ビールのあと、日本酒は山口・岩国の「五橋(ごきょう)」と山口・萩の「長門峡(ちょうもんきょう)」。

 

まずはお通し。筑前煮、ナスの揚げ浸し、下関のえだまめ、メゴチ唐揚げ。

刺身盛り合わせがどれもおいしい。

アボカドと生湯葉海苔巻き。

かくれ家サラダ。

葉わさび。

自家製からすみ。

トウモロコシの天ぷら。

 

翌朝、ホテル周辺を散策。

湯田温泉は明治の元勲・井上馨や詩人の中原中也の出身地で、中原中也の生家は記念館になっている。

漂泊の俳人種田山頭火も一時ここで暮らし、こんな句を残している。

 

ちんぽこも おそそも湧いて あふれる湯

 

宿に戻って朝食。

 

8時48分発のバスで秋芳洞へ。約40分で秋芳洞バスセンター下車。

秋芳洞の入口に向かう商店街にはカッパの像が目立つ。

「禅師かっぱ」の像。

正平9年(1354)干ばつに苦しむ村人を救うため、秋芳洞で雨乞祈願をした寿円禅師と行を共にしたカッパがいて、このカッパを「禅師かっぱ」呼んで大願成就の守り神になっているという。

 

カルスト地形とは石灰岩が水に溶けてつくられた地形をいう。

もともと、秋吉台のふるさとは海にあった。今から3億5千年前ごろ、海底に堆積したフズリナ、サンゴ、石灰藻などの生物の遺骸によってできた珊瑚礁石灰岩となり、それがプレートに乗って移動。長い年月をかけて隆起し、今日のカルスト地形を形づくっていわたといわれる。

石灰岩はおもに炭酸カルシウムという成分からできている。一方、石灰岩台地に降る雨には空気中の二酸化炭素が含まれ弱酸性の水となる。この雨水が石灰岩に触れると化学反応を起こし、石灰岩を少しずつ溶かしていく。

地表を流れる水は石灰岩の割れ目から地下にしみ込み、溶食作用が繰り返されて永い間に凹地(ドリーネ、ウバーレ、ポリエ)や鍾乳洞を形成していく。

現在、観光洞として中に入れる鍾乳洞は秋芳洞のほかに景清洞、大正洞があるが、ほかにも秋吉台の地下にはたくさんの鍾乳洞があり、現地のボランティアの解説員の方にうかがったら、その数450カ所ぐらいあるという。

複雑な地下構造が解明されているのはそのごく一部でしかないようだ。

秋芳洞は古くは「滝穴」と呼ばれていて、大正時代に皇太子(後の昭和天皇)が訪れた際、「秋芳洞」と命名したものの読み方は伝えなかったため、長く「しゅうほうどう」と読まれていたんだとか。

秋芳洞もさらに奥深くたどっていけば延々と長いのだろうが、観光コースは約1㎞。年間を通して17℃、水は15℃と、冬は暖かく、夏は涼しい。

洞内に湧き出る地下水や秋吉台に降り注ぐ雨水が勢いよく外に流れ出ていて、晴れた日には透き通った水面がコバルトブルーに輝いている。

薄暗い洞内を歩いていく。

百枚皿。たくさんの皿を並べたように見えるのでこう呼ばれる。

富士山の形に似た洞内富士。

天井からたくさんの鍾乳石が垂れ下がっている。

大黒柱。滴り落ちる水滴がつくる鍾乳石と、下から上に向かってタケノコ状にのびる石筍がつながって、天井を支えているかのような石柱をつくっている。

上からの鍾乳石と下からの石筍がつながってるようで、まだつながってないのもあった。

つながるのはいつのことか?

 

黄金柱(こがねばしら)。

上から下に流れる地下水が岩肌に付着して大きくなった柱。高さ15m、直径4mあるという。

クラゲの滝のぼり。

 

秋芳洞からエレベーターで地上に出ると、そこは秋吉台

大自然がつくり出したカルスト地形が広がっている。

標高200mから400mほどの起伏に富んだ草原状の台地には、白く露出するカレンフェルト石灰岩柱)がヒツジの群れのように点在している。

景観を保つため、毎年2月には「山焼き」を実施しているという。

 

1カ月ほど前に四国の高知県愛媛県の県境にある四国カルストにも行ったが、だいぶ雰囲気が違う感じがした。

四国カルストでは牛の放牧が行われていたが、秋吉台ではやられていないようだった。四国カルストは標高1400mのところにあるので、その違いがあるのか。

 

秋吉台ジオパークセンター「Karstar(カルスター)」で昼食。

大きな窓から秋吉台を一望しながらアイスコーヒーとジビエ(鹿)のホットドック

 

秋吉台で見つけた生きもの。

ヒカゲチョウの仲間かな。

ひび割れた地面にバッタがやってきていた。

梢で鳴いているのは、ホオジロのようだ。

セミが勢いよく鳴いていた。ミンミンゼミじゃないようだったが、西日本の初鳴きは早いのか、それとも梅雨が早く明けたのでセミもその気になったのか。

 

葉っぱが丸くなっている。

鳥の巣かと思ったら、ヤドリギのようだ。

ほかの木に寄生するものの、完全に寄生するのではなく自分でも葉っぱで光合成して養分をつくり出す半寄生の植物という。

 

帰りは秋芳洞を通って出口へ。

水辺にミヤマカワトンボがたくさんやってきていた。

 

秋芳洞バスセンターから新山口でバスを乗り継いで山口宇部空港へ。

17時40分発のANA便で羽田へ。

ちょうど夕暮れどき。高度1万mの高さで見た雲。

富士山。

雲海の向こうの富士山と、その先は日本海だろうか。

富士山の右に日が沈もうとしている。

真ん中に横たわっているのは三浦半島。その向こうに富士山、沈む夕日。

 

羽田着は19時20分ごろ。

JR西荻窪駅近くのビストロ「山下食堂」で夕食。

ビールのあとはドイツワインの「Weinreich Rot  2018」。

初めて飲むワインだが、ブドウ品種はドルンフェルダー50%、メルロー40%、カベルネ・ソーヴィニョン10%。

ドルンフェルダードイツで1955年に交配され、誕生したブドウ品種で、正式認可されたのは1980年というから、歴史はあまりたってないがフルーティーで柔らかな味わいが人気で、今や伝統品種に劣らない人気だという。

生産者のヴァインライヒはドイツのラインヘッセン地方でワインづくりを行っていて、オーガニックに徹し、醸造も自然発酵を貫いているという。

たしかにバランスのとれたおいしいワイン。ドイツワインを見直した。

 

料理は、まずは桃とマスカルポーネと生ハム。

イワシとフルーツトマトのマリネ。

オイルサーディン、空心菜、青唐辛子のリングイネ

鶏モモ肉のポワレ レモンバターと胡桃のソース。

どれもおいしくて、新しい味の発見もあって、はるばる山口からこのお店の料理とワインを楽しもうと駆けつけてきて、よかった!

またまたカルガモのヒナが公園デビュー

2日ほど東京にいなかったので、きょうが7月初めての公園散歩。

いつの間にか今年も半分が過ぎちゃった。

曇りだが風がなく蒸し暑い。

 

けさも上池の遠くの方にカワセミが1羽。

メスのようにも見えるが・・・。

 

下池にまわると、先日湧き水か?と思ったのはどうやら地中の水道管の損傷によるものらしい。

水は引いていて、立入禁止になっていた。

 

ホバリングしていたイトトンボがとまったところ。

 

ツミが捕らえた獲物をついばんでいた。

どうやらメスのようだ。

つっつきながら、ときおりまわりを気にしている。

災難に遭ったのはどんな鳥か?

 

ハチそっくりなのが葉っぱにとまっている。

ハチにしては脚が長い。

ハチに擬態したガとも違う感じ。

帰って調べたら、ハチに擬態したガガンボ、ホリカワクシヒゲガガンボのようだ。

オスの触角が櫛状になっているのでクシヒゲガガンボ

とするとけさ見たのはメスだろうか。

 

上池に戻ると、すぐ近くにオスのカワセミ

ブンジ(B2)くんだろうか。

しきりに上の方とか遠くを気にしている。

 

すると遠くで鳴き声がして、対岸の遠くの方に別のオスのカワセミ

下池を中心に飛び回っている三郎くんか?

相変わらず縄張り争いをしているのかな?

 

池の真ん中を、公園デビューしたばかりのカルガモのヒナが2羽、お母さんガモのあとにぴったりくっついて泳いでいる。

ふつう少なくとも10羽ぐらいのヒナが生まれるから、早くも2羽にまで減っちゃったのか?

先日保護されて善福寺池に放されたヒナは最初4羽だったのが、けさは1羽にまで減ったらしい(まさかツミに食べられたのでは?)。

けさ見たのは善福寺池で生まれたヒナなのか?

だとすると今年初の善福寺池生まれのヒナ。

何とか生き抜いておくれよ!

きのうのワイン+映画「スタンピード」ほか

イタリア・トスカーナの赤ワイン「アルパ・シラー(ARPA SYRAH)2020」

(写真はこのあと牛薄切り香味野菜乗せ)

イタリアの老舗ブランド「サルヴァトーレ フェラガモ」がトスカーナ州で手がけるワイナリー、イル・ボッロの赤ワイン。

イル・ボッロの畑が位置するのはトスカーナの中心地、キャンティ・クラシコ地区。土壌は主に砂岩の岩盤に石灰質の堆積物で、約45haの畑ではメルロやシラー、カベルネ・ソーヴィニヨン、サンジョヴェーゼ、プティ・ヴェルド、シャルドネを栽培している。

きのう飲んだワインはシラー100%。

さらっとした口当たりながらもしっかりとした余韻。

 

ワインの友で観たのは、NHKBSで放送していたアメリカ映画「スタンピード」。

1965年の作品。

原題「THE RARE BREED」

監督アンドリュー・V・マクラグレン、出演ジェームズ・スチュワートモーリン・オハラ、ブライアン・キースほか。

 

ジェームズ・スチュワートモーリン・オハラが共演した異色の西部劇。

南北戦争から20年がたった1884年、亡き夫の遺志を継いで、角のないイギリスのヘレフォード(Hereford)種の牛をアメリカに移入させようと、はるばるセントルイスの家畜売買会場へやって来たマーサ(モアリン・オハラ)と娘のヒラリー(ジュリエット・ミルズ)。

アメリカではロングホーン種という角の長い牛が主流で、角のない牛は牛同士の生存競争に負けて育たないとされていて、メス牛は乳牛として売られ、オスの牛1頭だけがテキサスの牧場に買い取られ、輸送を任されたのがサム(ジェームズ・スチュアート)だった。

サムはマーサたちとともにテキサスに向かい、ヘレフォード種の繁殖をめざす。しかし、行く手には牛の横取りを画策する悪人と、大自然の猛威が待ち構えていた・・・。

 

銃による対決もちょっとだけあるが(殴り合いはけっこう多い)、新種の牛を交配させて育てようとするカウボーイの執念の物語。

邦題は「スタンピード」。

原題のカタカナ版かと思ったらまるで違っていて、原題は「THE RARE BREED」

「スタンピード」とは牛の暴走とかの意味らしく、たしかにそういうシーンはあるが、そんなことはこの映画の瑣末なことでしかない。

「RARE BREED」つまり「希少品種」がこの映画のテーマだ。

 

あの映画の当時、肉用種として主流だったロングホーン種は、もともと17世紀後半にメキシコからテキサスに持ち込まれた牛が野生化したもので、バイソンなどの在来種を押しのけて繁殖を広げていった。南北戦争後はこの野生の牛が簡単に手に入るため家畜化され、人々の生活を支えるようになったという。

そこへ、イギリスから持ち込まれたのがヘレフォード種の牛。イングランド北西部のヘレフォード州原産で、耐暑性、耐病性が高く、放牧にも適しているというので広く普及するようになり、今ではアメリカ南部などでは肉牛の主流をなしているという。

つまり、ヘレフォード種の最初の繁殖をめぐる人々の不屈のたたかいを描いたのが本作というわけだ。

映画では、ビンジと名づけられたオス牛が出てくるが、頭全体と胸にかけてが真っ白で、なかなかカワイイ。娘のヒラリーが口笛でイギリス国歌(女王陛下万歳)を吹くとちゃんとついてくる。よく躾けられているのか、名演技?だった。

 

ちなみに日本にも昭和40年代を中心に年間250~1000頭、合計4000頭あまり輸入され、北海道、青森県岩手県熊本県に導入されたという。

今もどこかの牧場へ行けば、白い頭のヘレフォード種の牛と出会えるだろうか。

 

ついでにその前に観た映画。

民放のBSで放送していたアメリカ映画「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主」。

2013年の作品。

監督・脚本スティーブン・ソマーズ監督、出演アントン・イェルチン、アディソン・ティムリン、ウィレム・デフォーほか。

 

オッド・トーマス(アントン・イェルチン)はダイナーで働く20歳のコック。彼は“オッド(奇妙)”という名前の通り死者の魂(幽霊)を見ることができる特殊能力を持ち、幽霊の通報を受けて未解決殺人事件の犯人を捕まえて警察に引き渡す毎日だった。

だが、オッドの能力を知っているのは警察署長・ワイアット(ウィレム・デフォー)や、ショッピングモールのアイスクリーム屋で働く恋人・ストーミー(アディソン・ティムリン)を含むごく少数の人間に限られていた。

ある日、オッドは凄惨な殺人事件を予知して群がる怪物ボダッハ(オッドにしか見えない)が街に群がっていることから大量殺人が起きることを予知する。だが、犯人が誰なのか、皆目わからない・・・。

 

製作費を巡る訴訟が起きた影響でアメリカでは劇場公開されないままとなり、日本でも劇場上映は1週間だけの限定公開(それも関東・近畿地区のみ)というから、何だかかわいそうな映画。

しかも主役のアントン・イェルチンは、この映画から3年後の27歳のときに事故で亡くなっていて、死後、彼は嚢胞性線維症という根本的治療法のない難病を患っていたことが明らかとなっている。

警察署長役のウィレム・デフォーは、その風貌から悪役イメージが強かったが、本作ではなかなか頼れる署長役。実は彼は悪人も善人も、主役も脇役もこなし、大作からB級映画まで出演する“七変化”の役者らしい。

そういえば「永遠の門 ゴッホの見た未来」(2018年)では画家・ゴッホになりきっていた。

水湧き出ずる公園

木曜日朝の善福寺公園は快晴。風もなく、朝から暑い。木陰でちょっとだけホッ。

 

けさは上池にオスのブンジ(B2)くんらしきカワセミ

髪の毛ボサボサ。

 

カルガモのヒナはおととい4羽、きのう3羽で、けさは2羽に減っていた。

それでも残った2羽は元気一杯。

ガンバレ~。

 

下池をめぐっていると、何と、池のほとり近くで湧き水を発見!

善福寺池は杉並区内を流れる善福寺川の水源で、かつては神田上水の水源としても利用されていて、今も上池の隣には水道局の杉並浄水場がある。

ただし、もともとは湧水地として豊富な水を供給していたが、今は枯渇してしまったためポンプで汲み上げているという。

それでも、かつての豊富な湧き水の地の名残なのか、台風による大雨のあとなどには上池のほとりで湧き水があり、“豊かな水が湧き出ずる大地”であることを実感させてくれるのだが、下池でも同じことが起こっている。

しかも、大雨のあととかではなく、雨が降らないどころか連日カラッカラの炎天下が続いているのに、なぜ水が湧いて出るのか?

まさか地下を通る水道管が破裂したわけではないだろうが・・?

それにしても不思議だ。

 

小さな小さなクモ。

脚が長くて、美しいウロコ模様。

ウロコアシナガグモだろうか。

 

こちらもちっちゃいクモだが、立派な牙というか触肢を持っている。

カニグモの仲間だろうか。

 

帰り道、マンション脇のアベリア(ハナツクバネウツギ)にツマグロヒョウモンのオスが訪れていた。

細長い口吻を伸ばして、盛んに花の蜜を吸っていた。

 

 

youtu.be

命を考える映画「ベイビー・ブローカー」

西武新宿駅そばのTOHO CINEMAS新宿で是枝裕和監督(脚本・編集も)でソン・ガンホ主演の韓国映画「ベイビー・ブローカー」を観る。

2022年の作品。

出演はソン・ガンホペ・ドゥナカン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨンほか。

古びたクリーニング店を営みながらも借金に追われるサンヒョン(ソン・ガンホ)と、「赤ちゃんポスト」がある施設で働く児童養護施設出身のドンス(カン・ドンウォン)。

土砂降りの雨の晩、彼らは若い女ソヨン(イ・ジウン)が「赤ちゃんポスト」に預けた赤ん坊をこっそりと連れ去る。彼らの裏稼業は、子どもを欲しがる夫婦に赤ん坊を売って稼ぐベイビー・ブローカーだった。

しかし、翌日思い直して戻ってきたソヨンが、赤ん坊がいないことに気づき警察に通報しようとしたため、2人は仕方なく白状する。「赤ちゃんを大切に育ててくれる家族を見つけようとした」といういい訳にあきれるソヨンだが、成り行きから彼らとともに“疑似家族”となって養父母探しの旅に出る。

一方、彼らを人身売買の容疑で検挙するため、ずっと尾行していた刑事スジンぺ・ドゥナ)と後輩のイ刑事(イ・ジュヨン)は、是が非でも現行犯で逮捕しようとあとを追っていくが・・・。

 

この映画のテーマが、最後の方で若い母親ソヨンのセリフで語られる。

「生まれてきてくれて、ありがとう」

それは自分が産み、一度は捨てようとしたわが子に対してだけでなく、一緒に旅をしたソン・ガンホ演じるサンヒョンら“疑似家族”1人1人への言葉でもあった。

 

ペ・ドゥナが演じるスジン刑事が映画で最初に発するのが、産んだわが子を捨てた女を非難する「捨てるなら産むなよ」という言葉だった。

それは、生まれた子にとっては「お前なんか生まれない方がよかった」ということだろう。

そんなことは決してない、生まれた命はすべて大事であり、社会にとっての宝でもあるのだから、生まれてきてくれてありがとう、といっているのが、この映画だった。

 

そもそも人は目的を持って生まれてくるわけではない。

生まれた子が善人になるか悪人になるか、どんな人と恋し、何を目標に、どんな生き方をするのか、生まれた当初は本人はもちろん親だって知らないし、遺伝子によってあらかじめ決まっているわけでもない。

その後の育て方・育ち方によって、その人の人格も何もかも形づくられていくのだから、生まれたばかりの子どもはまっさらであり、純真無垢なのだ。

だからこそ、生まれてきた子には何の責任もなく、親や、親たちがつくる社会の責任こそ重大であり、こういうべきなのだ。

「よくぞこの世に生まれてきてくれて、ありがとう」

 

その点では作家の司馬遼太郎がいいことをいっている。

「二十一世紀に生きる君たちへ」という少年少女向けの本の中で彼は次のように書いている。

「人間は社会をつくって生きているが、社会とは支え合うことであり、助け合うことが人間にとっての道徳となっている。助け合う気持ちや行動のもとは、やさしさ、思いやり、いたわりだが、これらは人間が持って生まれた本能ではない。だから、私たちは訓練をしてそれを身につけなければならない」

その訓練とは決して難しいことではなく、友だちが転んだら「ああ痛かっただろうな」と感じる気持ちをその都度、自分の中でつくり上げていきさえすればよい、と述べている。

それを教えるのも親や社会の役目であり、生まれてきた子を大事に育てる義務が、親や社会にはあるのだ。