善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

荻窪 おざ

きのうは仕事で三島へ。
東京から三島まで新幹線で1時間弱。近いっていえば近い。
着いた時刻がちょうど昼どきだったので、食べもの屋を探す。
駅隣の魚の店は行列ができていたので、少し離れたところにあるウナギ屋へ。
三島はウナギ料理の店が多いことで知られている。
なぜウナギは三島かというと、ここは富士山の山麓に広がる街。富士山の湧き水が豊富で、その湧き水でウナギを泳がせるのでウナギの生臭さや泥臭さが消えておいしくなるのだとか。
そこで食べたのがウナ重。肝吸いつき。3000ウン百円也。
イメージ 1

ウナギを食べたのは何年ぶりだろうか。

夕方6時前に東京帰着。荻窪でイッパイやる。
ネットで探した店が「居酒屋おざ」という店。
荻窪駅南口から2、3分のところにある。今年3月にオープンしたばかりだそうで、中は新しい。
テーブル席とカウンターで20人ぐらいは入りそう。
6時ごろ入ったとき先客は1組ぐらいだったが、だんだん賑わってきた。

生ビールのあと日本酒。
まずは秋田・湯沢の翠玉を冷やで。
イメージ 3

メニューを見るとお燗を勧める酒が多いので、次の酒からはお燗にしてもらう。
冷や酒は600~700円ぐらいだが、お燗酒の中には450円という安いのがあり、そちらを注文。

お通し。
イメージ 2

生牡蠣。北海道産。
この冬初めての味。マイウー
イメージ 4

締めサバ。
イメージ 5

鳥もも焼きのグリーンサラダ。
けっこうボリュームがあって満足度が高かった。
イメージ 6

鱈の白子焼き。
イメージ 7

料理もだんだん冬っぽくなってきた感じ。

知らずにいった店だったが、マスターも感じがよく、料理を運んでくれた女性も親切で好感がもてた。
たまには行ってもいい店。