善福寺公園めぐり

善福寺公園を散歩しての発見や、旅や観劇、ワインの話など

カワセミはただいま子育て中?

日曜日朝の善福寺公園は曇り。風はなく、ちょっと湿度が高め。

 

上池をめぐっていると、アオサギとウが並んでとまっていた。

まずは片足立ちのアオサギ

 

その近くにウ。水の中を潜るのに特化したのか、胴長短足

 

上池を半周して下池に向かう。

まだ咲き始めのようだが、小さくて鮮やかな真紅の花。

ベニバナシモツケ(紅花下野)のようだ。

シモツケは下野の国、今の栃木県で発見されたのが名前の由来で、園芸品種として改良されたのがベニバナシモツケだとか。

 

イオウハシリグモかな?

大股開きで獲物を待ち受けている。

 

下池をめぐっているとカワセミが飛んできて目の前でとまった。

オスのマルちゃんだろうか?

エサ獲りの途中の小休止か、くつろいでいる様子で羽繕いを始めた。

お尻フリフリしたり、アンヨでカイカイしたあと、飛び去っていった。

子育てはどーなってるの?

 

さらに池をめぐっていると、再びカワセミの姿。

今度はエサをくわえていて、しかも自分で食べるのではなく、捕らえた小魚の頭を上にする給餌くわえをしている。

しかもメスのカワセミで、ヤエちゃんだろうか。

メスが給餌くわえをするというのは、オスに求愛のためにすることは考えられないから、ヒナにあげるためだろう。

とすると、いよいよヒナを産んで育児なのか!?

給餌くわえしたまま巣があるらしい方向に飛び去った。

 

カワセミがいなくなるとゴイサギが飛んできた。

下のくちばしは黄色味があり、白い斑点があるからホシゴイ、つまり幼鳥のようだ。

 

ゴイサギを観察していると、再びカワセミ

やはりヤエちゃんらしいメスで、今度もエサをくわえている。

また給餌くわえをするかなと思ったら、その間もなく魚をとらえたままで飛んで行った。

これだけ頻繁にエサを獲って飛び去っていくというのは、やっぱり育児中に違いない、と思うのだが。

しばらくして、給餌を終えたのか、遠くでカワセミが枝にとまっていたが、オスのマルちゃん?それともメスのヤエちゃん?

遠いし枝に隠れて分からない。

ひょっとして巣を守っている?

お尻の飾りをフリフリさせながら、ハゴロモの幼虫がお散歩中。

今年はハゴロモの幼虫をあちこちで見るが、例年になく多いのかな?

 

癒し系で負けないのは、クルミマルハバチの幼虫。

かわいいお目メしているよ。